FC2ブログ

すっごくRPG!!

二次創作小説・オリジナル小説を掲載しております。

Entries

レディ・バレンタインとサラ

サラは特に心を開いている先生に「イルカを救いたい」と願い出た。
校長先生から予言者の話を聞いていたのか、先生は苦い顔をした。

「だが、それでは楽器が」
「挑戦してみたいんです! 自分の音楽で、救える命を救ってみせたい」

イルカを救いたいと思う心にうそ偽りはない。
予言者の願いと「力がある者」に対する心情、それを裏切りたくなかったのも事実だ。

だが、真っ黒な感情が、心の奥底に眠っていた。

――これで楽器が壊れれば、私はもう音楽を続けなくていい。

イルカを救えば名誉がついてくる。
誰にも怒られない。
楽器が壊れても仕方がない。

ヴァイオリンは決して安い楽器ではない。
そう簡単に、次から次へ買い換える品物じゃない。

だからこそ、サラは今回の件を本気で取り組んでいた。
イルカたちのためでもあり、自分のためでもある。
後ろめたい感情だけれど――もう止まらなかった。
誰にも止められない。






たった一日で色々なことが起こった。

書き留めた小説を眺める。
バレンタインは無意識に、ペンの頭で唇を叩いた。

ホンモノの中庭の彼との出会い。

自分がどれほど疎まれているのか知り、それが元で喧嘩が起こった。

あんなことを言ってしまった手前、もう逃げられない。
作中のサラと一緒だった。
心に決めてしまったからには、もう、逃げられない。
現実と決着をつけなければならない。

「……ふぅ」


明日、明後日は休日だ。
長かった平日が、ようやく終わる。






ありがとうございました&お疲れ様でした

  クリックしてくださると励みになります


前へ ≪ブログトップへ戻る≫ 第17話 レディ・バレンタインと先生
スポンサーサイト



*Comment

No title 

おおう、一日の出来事だったのですね。
一ヶ月トータルぐらいの気持ちでいた。
一日の許容範囲はこえているような気がしますが。
まあ、踏んだり蹴ったりな一日はありますね。

スランプは誰でもありますよ。
私は・・・ここ数年はないですけどね。
まあ、なんとかやっていきましょう。
  • posted by LandM 
  • URL 
  • 2013.02/28 17:48分 
  • [Edit]

Re: LandM さんへ 

こんばんは^^
訪問とコメントありがとうございます!

一日の出来事だったんですよw
話数が多いせいで長く感じてしまうかもしれませんね。

スランプなんですよ(とほほ…)
なんでしょうね、作品を完結させるたびにガス欠状態になるんでしょうか。
本人も不思議に思いながらリハビリ中です。

>私は・・・ここ数年はないですけどね。
羨ましい限りです! 一度は言ってみたいです(笑)
なんとかやっていきます><
ありがとうございます!
  • posted by デジャヴ 
  • URL 
  • 2013.02/28 20:19分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ  

FC2Blog Ranking

ワンクリックで応援お願いします!

最新記事

プロフィール

デジャヴ

Author:デジャヴ


二次創作小説・オリジナルファンタジー小説を書いています。訪問して下さった皆様に少しでも楽しんでいただけると幸いです。

恋愛小説サイト『恋砂糖*ひと匙』も運営中


【補足と注意】

・過度な性描写・暴力シーンはありません。

・原作キャラでの同性愛は一切書きません。

・コメント、感想はありがたく頂戴いたします。誹謗中傷やマナーのないコメントは受け付けません。

・当ブログを利用するにあたり、一切の責任は負いかねます。あらかじめご了承ください。

・小説、イラストともに転載・複写×
著作権は放棄しておりません!

以上の点をご理解いただけますことを心よりお願い申し上げます。まだまだ不慣れですが、温かく見守っていただけると幸いです。

右サイドメニュー