FC2ブログ

すっごくRPG!!

二次創作小説・オリジナル小説を掲載しております。

Entries

レディ・バレンタインの杞憂

ルルは不思議そうに言った。

「どうしてアナタは真剣に向き合わないの?」

サラは固まった。
手の中から、ヴァイオリンが滑り落ちそうになる。
見透かすような、しかし愛らしい眼がサラを追い詰める。
答えないサラに、ルルは「ま、」と再び口を開いた。

「なんでもいいけどね」

哀れむような微笑で、彼女はそう付け足した。

(私の気持ちなんて、あなたには分からないのよ……)

サラは心のなかで噛み付いた。






図書館には司書と自分しか居ないんじゃないかと思われるほどの、静けさ。

放課後になるとほとんどの生徒は自主練をするか、先生の指導を受ける。
みんな、「音楽」に対して真摯(しんし)で誠実だった。

バレンタインはこの時間が好きだった。
「音楽」と切り離された世界。
微かに聴こえてくる管弦楽の音色。だが、その微妙に届いてくる具合が、いい。
ここが安全な場所だと思わせてくれる。

「はあ……」

真新しいノートの表紙を撫でる。
結局、用意してしまった小説専用ノート。

しかし、授業用ノートと変らない表紙だった。
表紙が違うだけで、「特別なもの」だと他人に知られてしまうから。

自分達は「特別なもの」と「秘密」に敏感だった。
だからこそ、細心の注意を払わなければならない。

授業用ノートも傍らに置いて、勉強している体(てい)で執筆していた。
誰が見るわけでもないのに。
見えない視線を気にして執筆する。
それはやっぱり疲れることだった。
でも、バレないためには仕方のない、我慢しなければならないことでもあった。


ガラガラガラ……。

唐突に、音がした。
自分以外に図書館の扉を開ける人がいたなんて。
けど、自分には関係ない。
関係ないけれど、厄介なことに、音に敏感な耳を自分は持っていた。

足音は、静かに、しかし小走りだった。

「あ、居た」

中庭の彼だった。
バレンタインは彼を仰ぎ見て、目を瞠ったまま固まった。
手の中から、ペンが滑り落ちそうになる。
心臓が止まった。かと思った。

「はっ……!」

慌ててノートを閉じた。

「見て、ないよね?」
「見てないけど……」

目を細めているから、逆光なのかもしれない。

「そう。それなら、いい……」

やっとのことで言い返した。
思い込みでもなんでも良いから、この加速する絶望を止めたかった。

中庭の彼の用件を聞き流しながら 「図書館はもうダメだな」 なんて頭の片隅で考えた。






ありがとうございました&お疲れ様でした

  クリックしてくださると励みになります

前へ ≪ブログトップへ戻る≫ 第5話 レディ・バレンタインの噂
スポンサーサイト

*Comment

どもです^^ 

オリジナル小説みっけました!
小説家を目指すバレンタインのさまざまな苦悩、
ひじょ~に共感しました(笑)
私も時間を惜しんで専用ノートに妄想を書き溜めてたくちなので、
バレないように気つかうことの大変さ、思い出します。
魔法と小説と音楽、キーワードだけでもわくわく♪
どうなっていくんだろう?
こんな風な形式で書いていくのも面白いですね。
毎回サブタイトルがあるのにも憧れます。(うまくできないもので)
また読みにきますね~(^0^)/
  • posted by るる 
  • URL 
  • 2012.11/06 21:10分 
  • [Edit]

Re: るるさんへ 

どもです! 訪問&コメントありがとうございます!

> オリジナル小説みっけました!
> 小説家を目指すバレンタインのさまざまな苦悩、
> ひじょ~に共感しました(笑)
> 私も時間を惜しんで専用ノートに妄想を書き溜めてたくちなので、
> バレないように気つかうことの大変さ、思い出します。

共感していただけて、なんかもぅ嬉しいやら恥ずかしいやら><
この年頃の女の子の「用心深さ」や「繊細さ」を感じ取っていただけたら、嬉しいです。

> 魔法と小説と音楽、キーワードだけでもわくわく♪
> どうなっていくんだろう?

どうなっていくんでしょうねw
プロット用意してないんで、正直自分でも怖いです(笑っ)

> こんな風な形式で書いていくのも面白いですね。
> 毎回サブタイトルがあるのにも憧れます。(うまくできないもので)

実はこのサブタイトルに毎回悩んでいます。
投稿前はコロコロ変わっているんですよ(苦笑)

> また読みにきますね~(^0^)/

ありがとうございました^^
暇なときにでも読んでやってください♪
  • posted by デジャヴ 
  • URL 
  • 2012.11/06 21:20分 
  • [Edit]

 

確かに私も途中書きのものは公開しないですね。
今公開している小説も書き終わって、推敲してから出しているものですからね。
そういった意味では恥ずかしさはありますかね。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
  • posted by LandM 
  • URL 
  • 2013.01/03 19:05分 
  • [Edit]

Re: LandMさんへ 

こんばんは!
訪問&コメントありがとうございます。

> 確かに私も途中書きのものは公開しないですね。
> 今公開している小説も書き終わって、推敲してから出しているものですからね。
> そういった意味では恥ずかしさはありますかね。

私は行き当たりばったりで書いてしまいますね(苦笑)
書き終わって推敲して、っていうのは何度かチャレンジはしているんですが…
途中で飽きて、やっぱり消すということが多々あります。
質の良い作品を出したいとは思っているんですが、なかなか思うようにいきません><

> 明けましておめでとうございます。
> 今年もよろしくお願いします。
あけましておめでとうございます!
不束者ですが、今年もどうぞよろしくお願いします!
  • posted by デジャヴ 
  • URL 
  • 2013.01/05 03:08分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ  

FC2Blog Ranking

ワンクリックで応援お願いします!

最新記事

プロフィール

デジャヴ

Author:デジャヴ


二次創作小説・オリジナルファンタジー小説を書いています。訪問して下さった皆様に少しでも楽しんでいただけると幸いです。

恋愛小説サイト『恋砂糖*ひと匙』も運営中


【補足と注意】

・過度な性描写・暴力シーンはありません。

・原作キャラでの同性愛は一切書きません。

・コメント、感想はありがたく頂戴いたします。誹謗中傷やマナーのないコメントは受け付けません。

・当ブログを利用するにあたり、一切の責任は負いかねます。あらかじめご了承ください。

・小説、イラストともに転載・複写×
著作権は放棄しておりません!

以上の点をご理解いただけますことを心よりお願い申し上げます。まだまだ不慣れですが、温かく見守っていただけると幸いです。

右サイドメニュー