すっごくRPG!!

二次創作小説・オリジナル小説を掲載しております。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神話時代―泉の誕生― (02)

 
 
三種族の勇者は神々の恩恵もあって、邪神をクリスタルに封印した。
その時、邪神オプスキュリテは残ったわずかな力で、
己の口から怪物たちを吐き出しながら、三種族の勇者に呪いを放った。


太陽の民の勇者への呪いはこうであった。
――ソレイユの恩恵をうける者よ。わずかな闇にも目が痛み、光ある場所でしか物は見えぬだろう。


月の民の勇者への呪いはこうであった。
――リュンヌの恩恵をうける者よ。太陽に肌をさらせば焼けただれるだろう。


星の民の勇者への呪いはこうであった。
――マルスの恩恵をうける者よ。瞳に満月を宿し、その良く見える眼を失うだろう。


邪神オプスキュリテはクリスタルに封じ込まれた。

三人の勇者たちは無事、故郷へと戻り英雄として称えられた。
多くの子にも恵まれ、オプスキュリテの呪いも現れることなく幸せに暮らした。


しかし、三人の勇者が静かに息を引き取ったとき、三種族に悲劇が起こった。
英雄の口から黒い灰が吹き出して、人々の口に入ったのだった。
そして、人々は急に苦しみ出した。


なんと、邪神の呪い通りになってしまったのだった。


太陽の民は夜に活動できなくなった。

月の民は夜に生きることしかできなくなった。

星の民のなかで、まれに満月を宿す者が現れ始めた。


それを気の毒に思った三柱は、どんな病でも治せる泉をつくった。

しかし、三種族の民がそこへたどり着く前に、
邪神から逃げた勇者の子孫たちが泉の水を独り占めした。
三柱は仕方なく泉を隠し、妖精王に預けた。
それにより、妖精王を見つけ出し認められた者にしか、泉の水を得ることはできなくなった。



そして、その泉は幻になった。
幻の泉の名を【キュラティフの泉】と名づけ、人々はいまだ探し求めていた。




にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ  クリックしてくださると励みになります


前へ  ブログトップへ戻る ≫あとがき





スポンサーサイト

*Comment

No title 

こんにちは。
ほうほう、3人の勇者には呪いはかからなかったと思いきや、
その3人の勇者がなくなった途端、邪神の呪いが現れたんですね。

いつも思うんだけど、退治される側はおとなしく退治されていろ!と。

万能な泉もパニックになった人同士では
独り占めしちゃいますよね…。

妖精王に預けた幻の泉――これまたファンタジ━(゚∀゚)━!で素敵です。
  • posted by Sha-La 
  • URL 
  • 2014.08/22 19:22分 
  • [Edit]

Re: Sha-La さんへ 

コメントありがとうございます^^

そうなんですよ、さすが邪神というくらいせこい真似をします(笑)
勇者自らを呪いの種にしてしまうのです。
邪神とはいえ「神殺し」ですので、被害は甚大です。

そして、エール人はずるい種族だという設定です。
そのずる賢さが人口拡大に繋がったのです。
色々と魔法のアイテムとかも出てくるので、よりいっそうファンタジックな世界となります。
たのしんで頂けたらいいなぁ…。
  • posted by デジャヴ 
  • URL 
  • 2014.08/22 23:45分 
  • [Edit]

No title 

邪神オプスキュリテとても悪いヤツあるあるね~v-507v-355
ボスが民達が可哀想と言ってたあるアルよ~v-507v-356

太陽の民も大喜びの
HIMAWARIさんSUNv-2783使うか?
って伝言頼まれたあるアルよ~v-507v-352
とってもインパクトのある代物ネ~v-507v-356

アイヤァ~v-507
話が終わるかもしれないけど(・8・)
とボソッっと小声で言ってたような気がしたネ~v-507v-356
  • posted by たけ〇ふぁぁぁむ 
  • URL 
  • 2014.08/25 19:23分 
  • [Edit]

Re: たけ〇ふぁぁぁむ さんへ 

コメントありがとうアル~v-507

HIMAWARIさんSUNv-2783使ったら、
世界が滅びちゃいますっ!!笑
泉も枯渇しちゃいますよぅ><

  • posted by デジャヴ 
  • URL 
  • 2014.08/25 22:05分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ  

FC2Blog Ranking

ワンクリックで応援お願いします!

最新記事

プロフィール

デジャヴ

Author:デジャヴ


二次創作小説・オリジナルファンタジー小説を書いています。訪問して下さった皆様に少しでも楽しんでいただけると幸いです。

恋愛小説サイト『恋砂糖*ひと匙』も運営中


【補足と注意】

・過度な性描写・暴力シーンはありません。

・原作キャラでの同性愛は一切書きません。

・コメント、感想はありがたく頂戴いたします。誹謗中傷やマナーのないコメントは受け付けません。

・当ブログを利用するにあたり、一切の責任は負いかねます。あらかじめご了承ください。

・小説、イラストともに転載・複写×
著作権は放棄しておりません!

以上の点をご理解いただけますことを心よりお願い申し上げます。まだまだ不慣れですが、温かく見守っていただけると幸いです。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。