すっごくRPG!!

二次創作小説・オリジナル小説を掲載しております。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラシェルと聖杯物語 02

やさしい嘘

 ラシェルは、背後で気配が動くのを感じた。
 次の瞬間、肩を掴まれ力強く後方に引かれた。
 あまりの強さにラシェルは顔を歪める。だが、すぐに眼前の光景に顔を青ざめさせた。
 視界を横切る、太い爪と白銀の前足。
 それが過ぎると、鮮やかなピンク色の歯茎からのぞく、唾液に濡れた牙があった。
 突如として現れた狼型の魔物は、じりじりと距離を詰めながらラシェルたちを睨んだ。
 急襲を初めて経験したラシェルは呼気を荒くする。
 魔物との戦いにはいくらか慣れていたが、突然襲われるとこうも身が竦むものなのだろうか。
 背筋に冷や汗が浮いた。

「四体、か」

 温かく大きな腕に支えられながら、ラシェルは息を震わせた。
 ラシェルの震えを感じ取った兄は小さく言葉を残した。

「心配するな。訓練と同じでいい」
「は、い」
「兄がついている」

 揺るぎない言葉だった。
 ラシェルは身を離し、腰につけていた剣をゆっくりと抜き放つ。
 兄もまた剣を抜き放ち構えた。
 ラシェルの視界にちらつく、兄の白い剣は眩しいほど美しく輝いていた。
 確か、旅先で手に入れたものだと言っていた。

「……ゆくぞ」
 


 魔物を片付けるのに、そう時間はかからなかった。
 ラシェルは肩で息をしながら、地面に倒れている魔物たちを見つめた。

(ほとんど、兄さまが……)

 圧倒的な強さだった。
 息一つ乱れていない兄を見てラシェルは悲しそうに瞳を揺らした。
 結局、自分は兄の背中に隠れるだけ。争いは嫌いだが、役に立たないことはもっと嫌いだった。

「破壊神の復活の時が来たら、魔人どもが神器を狙ってくる」
「破壊神……」
 
 ラシェルが言葉を返すと、兄は頷いた。
 おとぎ話のような言葉に、ラシェルは目を瞬く。
 しかし、兄はいたって真面目な顔で続ける。
 破壊神なんて、と笑ったら怒られる気がして表情を改めた。

「そのときはお前も、神器を守る一族のひとりとして、魔人や魔物と戦わなければならない」
「分かっています。だけど……私は争いごとは嫌いです。剣を握るのも、本当は」
「訓練では活き活きしていたが?」
「そんなことありません!」

 ラシェルは頭を横に振り、強く否定した。
 兄は薬草を摘みなおしながら続けた。

「……そうだな。もう、お前も魔人と戦う力をつけるために修行の旅に出てもよい年頃だな」
「そんな」
「大丈夫だ。お前も強くなった」
「強くなんか、ありません。強くなんか……強さなんて……」

 どうして急にそんなことを言うのだろう。
 修行になんて行きたくない。神殿で父と母と兄と、ずっと穏やかに過ごしていきたい。
 ようやく兄が帰ってきたのに、この村を離れたくない。
 堅い表情で帰り道を戻るラシェル。ふと、兄が立ち止まる気配がして振り返った。

「兄さま」
「……なんでもない。父上も心配しておられよう。朝のうちに神器の神殿に戻るぞ」
「はい」

 なにかを気にするように、兄は何度か背の向こうの森を振り返った。




<ブログトップへ戻る>

ありがとうございました&お疲れ様です。
投稿後に改稿することもあると思います。ご了承下さい!
スポンサーサイト

*Comment

 

予告通りのファンタジーRPGですね!!
元ネタのジルオールというのは知らないのですが
楽しませていただきますv-290

兄妹の、ほのぼの森デートもゆっくりさせてはくれないようですね^^;
いきなりラスボス級が来ない事を祈ります・・・・。


  • posted by takeshifarm 
  • URL 
  • 2013.11/29 10:07分 
  • [Edit]

Re: takeshifarm さんへ 

おはようございます!
訪問、コメントありがとうございます^^

ガッツリファンタジーRPGです☆彡
ここ最近、現代ものばっかり書いていたので「魔物」とか書くと
ちょっぴり気恥ずかしい感じがします(笑)
でも、こうなったらガッツリ書きますよ!!

> 兄妹の、ほのぼの森デートもゆっくりさせてはくれないようですね^^;
> いきなりラスボス級が来ない事を祈ります・・・・。
え…なんかバレてる
いやいや、まさかラスボス級の人が出るなんてないない!w

  • posted by デジャヴ 
  • URL 
  • 2013.12/03 08:51分 
  • [Edit]

 

気付いたらこの話を小ネタにしてました・・・。

http://burninhell.blog34.fc2.com/blog-entry-494.html

☆ Merry Burn IN Hell yeah ☆
  • posted by takeshifarm 
  • URL 
  • 2013.12/25 16:33分 
  • [Edit]

Re: takeshifarm さんへ 

こんばんは^^
拝見いたしました~。
サンタさんがバイクでプレゼント届ける時代になりましたかww
今年はクリスマスらしいクリスマスを過ごしませんでした笑
年末年始のくっそ忙しい中なので、休むことばかり頭にありましたw
  • posted by デジャヴ 
  • URL 
  • 2013.12/25 19:30分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ  

FC2Blog Ranking

ワンクリックで応援お願いします!

最新記事

プロフィール

デジャヴ

Author:デジャヴ


二次創作小説・オリジナルファンタジー小説を書いています。訪問して下さった皆様に少しでも楽しんでいただけると幸いです。

恋愛小説サイト『恋砂糖*ひと匙』も運営中


【補足と注意】

・過度な性描写・暴力シーンはありません。

・原作キャラでの同性愛は一切書きません。

・コメント、感想はありがたく頂戴いたします。誹謗中傷やマナーのないコメントは受け付けません。

・当ブログを利用するにあたり、一切の責任は負いかねます。あらかじめご了承ください。

・小説、イラストともに転載・複写×
著作権は放棄しておりません!

以上の点をご理解いただけますことを心よりお願い申し上げます。まだまだ不慣れですが、温かく見守っていただけると幸いです。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。