すっごくRPG!!

二次創作小説・オリジナル小説を掲載しております。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラシェルと聖杯物語 01

やさしい嘘 編


 木々の間を、強い風が吹き抜けた。
 森全体が揺らぐように木々がうごめき、ざわざわと音を立てた。

「わっ」

 森の開けた場所に佇んでいた女は、風に暴れる髪を押さえた。
 目をぎゅっとつむって、虚空を舞う塵をやり過ごす。
 短く切りそろえた髪は朝日に光り、後頭部には天使の輪を浮かばせていた。

「ラシェル」

 短く呼ばれて女は振り返った。
 身体こそすらりと高く大人びて見えるが、ちらりと微笑んだ顔は十代後半だ。
 ラシェルは手ぐしで髪を整え、声の主のもとへ駆け寄った。

「兄さま」
「すごい風だったな」

 ラシェルは頷き返し、兄の顔をまぶしそうに見上げた。
 白い防具に身を包む神官兵士である彼は、優しい眼差しで妹の視線を受け止めた。
 彼の栗毛色の髪がそよ風に揺れる。

「どうした?」
「ひとりで森に入るときは、今でもドキドキしてしまうんです。でも、兄さまが一緒だと、怖くありません」
「そうか」

 兄は目元を優しくゆるめて、「よし」と気持ちを切り替えた。

「“元気の薬”を集めるぞ。モンスターに襲われた村人たちが待っている」
「薬草集めなら任せてください。兄さまが留守にされている間、兄さまに代わって村人たちから薬草摘みを頼まれることが多かったんですよ。今じゃ目を閉じても出来ちゃいます!」
「ハハッ、頼りにしてるぞ」

 ラシェルは頬を上気させ、大きく頷いた。
 あの兄が自分を頼りにしていると言ってくれた。
 いつも兄の背中に隠れてばかりだった自分を、「頼りに」しているんだ。それだけで胸がいっぱいになる。

 ラシェルは鼻歌交じりに、“元気の薬”と呼ばれる薬草を摘み取る。
 嬉しさを顔ににじませる妹を兄は愛おしそうに眺めていた。
 穏やかな空気が流れるひと時。
 摘み取った薬草をかごに入れて、ラシェルは兄の横にかがんだ。

「兄さま、これくらいでどうでしょう」
「ああ。もう良いだろう。そろそろ村に戻ろう」
「はい」

 森の獣道へと戻るなか、ラシェルはふいに表情を曇らせた。
 何度か兄の横顔を見上げては俯き、意を決したように見つめて、また目線を前に戻してしまう。
 やがて、ラシェルは前方に目を向けたまま、おもむろに呟いた。

「兄さま」
「ん?」
「これからはミイスから、私たちの村から出ていかないですよね。どこにも、行かないですよね」
「どうしたんだ急に」
「ミイスには兄さまが必要なんです。そして、私にも」

 最後の言葉は聞こえていただろうか。
 消え入りそうなほど小さい声で呟き、不安そうにかごを抱いた。

「ラシェル……」
「……変なこと聞いてごめんなさい! 兄さまは神器の守護者。ミイスから離れたりするはず、ないですよね」 

 苦笑いを残して、ラシェルは軽やかに歩を進めた。
 なんでもないように気丈に振舞う。
 だが不安は拭えず、胸元に手を添えてため息を落とした。

 今日はやけに胸騒ぎがする。
 兄と離れてしまうんじゃないか、二度と会えないほど遠くへ行ってしまうんじゃないか。
 そんなことばかり頭によぎる。
 兄が長い間、修行の旅に出て村を空けていたことがあった。神器を封印する守護者の一族として、修行の旅に出ていたのだ。兄にとって大事な旅だった。
 
 もともと兄は実直で頼れる人だったが、修行から帰ってくるともっと頼もしくなった。
 成長した姿に、父も母も喜んでいた。村人からも信頼されている。

(名誉あることなのに。大義なのに)

 もう二度と、離れていかないでと思う。
 ラシェルにとって兄のいない日々は、トラウマでしかなかった。
 それに、兄は人が変わった。良い意味で物の捉え方、見方が変わった。とても優しくて――優しいところは変わらないけれど、優しさを向ける対象が別のものに変わった気がした。ラシェルはそれが気に入らなかった。
 兄にとっても、村にとっても良いことだと思うが、間違っていないから気に入らない。
 自分だけを見てくれていた兄は、もう居ない。それが、寂しかった。

「ラシェル!!」

 突然、鋭い声が飛んできた。
 ラシェルは瞳を丸め、思考を停止した。
 手からかごが落ち、薬草が地面に散らばった。




<ブログトップへ戻る> 》優しい嘘 02

ジルオールを知らない方でも楽しんで頂けると思います
これを機に、原作を知っていただけたら嬉しいです。

スポンサーサイト

*Comment

No title 

原作知らないですが、
興味深く拝見しました。

ラシェルにとって、お兄様はとても大切な人なんですね。

原作はゲームなんですか?
ゲームはやらないので、よく分からないですが、
このストーリーは楽しませていただきたいと思います。
  • posted by Sha-La 
  • URL 
  • 2013.11/24 00:50分 
  • [Edit]

Re: Sha-La 

こんにちは(´(ェ)`)
訪問、コメントありがとうございます♪

原作はゲームでございます。
ドラゴンとか魔人とか、神とか出てくるガチRPGです(笑)

ラシェルはブラコン、兄様はシスコンです。
私の中では(笑)
楽しんで頂ければ幸いです!!
  • posted by デジャヴ 
  • URL 
  • 2013.11/28 10:23分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ  

FC2Blog Ranking

ワンクリックで応援お願いします!

最新記事

プロフィール

デジャヴ

Author:デジャヴ


二次創作小説・オリジナルファンタジー小説を書いています。訪問して下さった皆様に少しでも楽しんでいただけると幸いです。

恋愛小説サイト『恋砂糖*ひと匙』も運営中


【補足と注意】

・過度な性描写・暴力シーンはありません。

・原作キャラでの同性愛は一切書きません。

・コメント、感想はありがたく頂戴いたします。誹謗中傷やマナーのないコメントは受け付けません。

・当ブログを利用するにあたり、一切の責任は負いかねます。あらかじめご了承ください。

・小説、イラストともに転載・複写×
著作権は放棄しておりません!

以上の点をご理解いただけますことを心よりお願い申し上げます。まだまだ不慣れですが、温かく見守っていただけると幸いです。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。