FC2ブログ

すっごくRPG!!

二次創作小説・オリジナル小説を掲載しております。

Entries

【恋愛】 幸福の再来~白い蕾をつける花~  13

「会長の手は、温かいですね」

 千里ひかりは眩しそうに目を細めた。
 清次郎はくっくと笑った。

「もう、会長じゃないんだけどな」
「言い慣れてしまって」
「俺が卒業したら、会長とは呼べなくなる」
「それは、そうですね。でも……会うことも」

 言いよどむ千里ひかりに、清次郎は嘆息した。
 すっくと立ち上がり、千里ひかりの隣へと移動する。
 瞳の奥深くまで覗き込むように、清次郎は千里ひかりに顔を寄せる。

「会うこともない? 本当に? 俺の本心を見透かしているのに?」
「え?」

 千里ひかりは瞬き、清次郎の目を見つめ返した。
 清次郎はなにも言わずに、彼女の頬に手を当てた。
 涙のあとを消すように優しく撫でる。

「あの」

 そこで予鈴のチャイムが校内に響き渡った。
 清次郎は千里ひかりの頬をひと撫でして、弁当を片付けると生徒会室から出て行こうとした。
 扉を開け、出ようとしたところで振り返る。

「考えてみて。俺も考えてみる。今までのこと、これからのこと」
「会長」
「ひかりの授業が終わるまで、図書館で勉強してるよ。授業が終わったら、来て」
「……はい」

 後ろ手で扉を閉め、彼女をひとり残して教室へと戻る。
 清次郎は目を伏せ溜め込んでいた息を吐き出した。

 三年生のほうが授業が早く終わる。
 受験生への配慮だった。
 明日からは、午後の授業がいっさい無くなる。
 千里ひかりと言葉を交わすことすら、極端に少なくなるかもしれない。

 だから、今日、決めなければいけない。
 きっと付き合うことを決めるのは、た易い。
 自分と彼女が戸惑い、悩むのは、付き合ったその先にある問題だった。

 ――うまくやっていけるだろうか。

 ただ、その一点に尽きる。

 歳は一つしか違わない。されど一つ差の壁は大きい。
 大学生と高校生。
 今以上にすれ違う生活になる。
 好きなのに、不本意な形で別れてしまうことになってしまったら。
 それが、怖い。
 
 あんな風に彼女を言葉であおって、期待させておきながら、不安になっている。
 清次郎は片手で口を覆った。

(こんな風に、誰かを強く想うのは初めてだ……)
 
 だからこそ、付き合った先にあるものが怖かった。




<ブログトップへ戻る>
次> 【恋愛】 幸福の再来~白い蕾をつける花~  14
スポンサーサイト



*Comment

No title 

おおー、お忙しい中の新作お疲れ様です☆

ひかりちゃん、第2ラウンド【うまくやっていけるかどうか】の
不安との戦いに入りましたね!

私は後先考えずに突き進んでしまうのですが、
大学生と高校生って本当に壁があるみたいですね。

付き合うことが出来てもあまり会えないと寂しくなり、辛くなる。
愛とは寂しさ・辛さも共に付いてくるもの・・・。
しかしそれを乗り越えなければ幸せを手にする事ができない。

余談なのですがw
私が高3のときに2つ下の元カノと付き合い始めたのですが、
高卒で就職して働き始めたら、会う機会が週1に減り、
最終的には2週間に一度くらいになる時もあって

かなりモメました・・・。
因みにお互いの家の距離は約5km、チャリで飛ばして20分ちょいって所でしたねw

相手は私よりも面倒臭がり屋なヤツであっちから会いに来るというのは滅多になかったので
業を煮やして社会人3年目の時に
「じゃあ来月から同棲するかね!!」
となって相手の不安を解決することができました☆

当然、些細なくだらない事でまた別の戦いが待ってましたけどねv-394
まぁそれから5年同棲してたので良かったと思ってますv-426

と、今回のお話を見てたらこんな昔話を思い出してしまいましたv-398
久しぶりに言わせていただきます。
甘酸っぱいですね~v-343
  • posted by takeshifarm 
  • URL 
  • 2013.11/09 11:05分 
  • [Edit]

ドキドキ 

きゃああああ~!
ドキドキです~!

会長かっこよすぎ!
と思ったらやっぱり不安もその中にはあるんですね。

すごくキャラクターの心理を上手に描かれていて
私も見習いたいです!
  • posted by Sha-La 
  • URL 
  • 2013.11/09 19:09分 
  • [Edit]

Re: takeshifarmさんへ 

こんばんは^^
訪問、コメントありがとうございますv-352

> 私は後先考えずに突き進んでしまうのですが、
> 大学生と高校生って本当に壁があるみたいですね。
壁、ありましたねぇ。
私の体験談というか、経験した感情が混じっているんですけれどね(笑)


> まぁそれから5年同棲してたので良かったと思ってますv-426
5年も同棲していたんですねっ!e-317
家族以外の人と一緒に暮らすって、どんな感じなのでしょう。
同僚に恋人と同棲している方が居るのですが、
喧嘩もしょっちゅうあるけど、帰る楽しみがあるって言っていました。
同棲って憧れますe-420
素敵なお話をありがとうございますe-349
  • posted by デジャヴ 
  • URL 
  • 2013.11/13 20:08分 
  • [Edit]

Re: Sha-La さんへ 

こんばんは^^
訪問、コメントありがとうございます♪

もうちょいで終わるんですけれど、そのもうちょいが長い(笑)

ストーリー構成を巧く作りたいんですが、
なかなかうまくいきません…><
Sha-La さんはストーリーの流れを作るのが上手ですよね!
ストーリーに不自然さがないと思います。
私も見習いたいですe-266
  • posted by デジャヴ 
  • URL 
  • 2013.11/13 20:11分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ  

FC2Blog Ranking

ワンクリックで応援お願いします!

最新記事

プロフィール

デジャヴ

Author:デジャヴ


二次創作小説・オリジナルファンタジー小説を書いています。訪問して下さった皆様に少しでも楽しんでいただけると幸いです。

恋愛小説サイト『恋砂糖*ひと匙』も運営中


【補足と注意】

・過度な性描写・暴力シーンはありません。

・原作キャラでの同性愛は一切書きません。

・コメント、感想はありがたく頂戴いたします。誹謗中傷やマナーのないコメントは受け付けません。

・当ブログを利用するにあたり、一切の責任は負いかねます。あらかじめご了承ください。

・小説、イラストともに転載・複写×
著作権は放棄しておりません!

以上の点をご理解いただけますことを心よりお願い申し上げます。まだまだ不慣れですが、温かく見守っていただけると幸いです。

右サイドメニュー