FC2ブログ

すっごくRPG!!

二次創作小説・オリジナル小説を掲載しております。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【恋愛】 幸福の再来~白い蕾をつける花~  11

「誰かのために動いてみたかったんです。誰かのために、何かをしてみたかったんです」

 千里ひかりは、そう呟いてしばし黙り込んだ。

 誰かのために。
 自分ができる、何かを。

 彼女の言葉を口の中で転がしてみる。
 そして、ふと思う。

 その対象が自分じゃなかったら、例えば、そう現在の副会長だったら。
 彼がもし窓辺でため息をついていたら。

「俺じゃなくても、千里はそうやって考えるのか?」

 頭で考えるより先に、言葉が出てきてしまった。
 千里ひかりは目を瞬いた。

「もし、ここにいるのが俺じゃなかったら君は」
「会長、私はっ」

 がたん、と音を立てて千里ひかりが突然、立ち上がる。
 机に手をつく彼女の指先が小さく震える。吐息さえもどこか緊張を帯びて、震えていた。

「私……私……、ごめんなさい……」

 千里ひかりは手の甲を目元に当てて、嗚咽を堪えながら言葉をつむいだ。

「嘘をつきました。
 誰かのためになんて思ってないです。
 でも、キモチワルイって思われたくなくて。
 だけど、やっぱり本当のことを言うって決めたから。
 どんな風に思われても、いいです」

 矢継ぎ早に言葉を続け、一呼吸置くように奥歯を噛みしめ、そして。

「覚悟はしていたんです」

 涙に濡れた声で締めくくる。
 彼女の感情が膨れ上がっているのは分かるが、清次郎には状況がよく飲み込めていなかった。
 なにが千里ひかりを追い詰めているのか分からない。
 まるで、いつ嫌われても良いように、自分の心を傷つけているような。

「千里」

 触れようと手を伸ばせば、彼女は一歩下がってしまう。
 それなのに。

「会長のためだけに、なにかをしたかったんです。
 好きになってしまったんです。
 直接会ったこともないのに、一方的に見て、こんなの、キモチワルイ。
 だから、だから私、せめて……せめて、会長に気付かれないように、スズランを植えたんです」

「どうして、スズラン?」

「花言葉が、幸福の再来だったからです。
 ため息で消えてしまった幸せを、取り戻せたらって。
 でも、花言葉に詳しい人なんて居ないだろうから、私の気持ちに気付く人なんていないと思っていました。
 春が来たら、私の恋は終わるはずでした」
 

 終わるはずだったんです。
 彼女がうつむいた拍子に、ぽたりと涙が落ちた。




<ブログトップへ戻る>
【恋愛】 幸福の再来~白い蕾をつける花~  12
スポンサーサイト

*Comment

No title 

きゃああ!ヽ(*´∀`)ノ
ひかりちゃん、可愛い、可憐、純情、乙女!
「幸福の再来」って「再来」ってなんでかなーと思ってたんですが
そういう意味だったんですね。
こんな恋がしたいです!
  • posted by Sha-La 
  • URL 
  • 2013.10/09 01:12分 
  • [Edit]

Re: Sha-La さんへ 

おはようございます^^
訪問、コメントありがとうございます♪

そういう意味だったんです^^
スズランの可憐なイメージを作品に投影させ、
そのイメージを崩さず終えられたらなぁと思っています。

もう少しで完結なので、しばしお待ちをっ><
  • posted by デジャヴ 
  • URL 
  • 2013.10/10 09:11分 
  • [Edit]

No title 

千里ひかりちゃん・・・・
とうとう勝負に出ましたね!!

告白するのって凄くエネルギーと覚悟が必要なんですよね・・・。
あの告白する前のモヤモヤしてる時は本当に辛いものですが、
吐き出した後の「待ち」の状態は更に拍車をかけるんですよね・・・v-388

と言ってもやる事をやらなければ幸せは訪れない。
暫く告白なぞしていないので甘酸っぱい記憶が蘇りますw

ひかりちゃんの勝負、後は会長次第ですね!!
頑張れひかりちゃん!!

花言葉は全く分からない私ですが、
【すずらん】ってそういう意味があったんですね!
勉強になります☆
幸福の再来
いいですねー!!

不幸って訳でもないんですけどv-390
私も幸せな時期って当分離れてますから庭にすずらんでも植えてみようかな。


と、
デジャヴさんの文力の素晴らしさに比べ、
私のコメントは品の無い感じになってることに己自身で気付きましたが、
ネタだと思ってください。

まぁ私の存在自体がネタなので・・・^^;
  • posted by takeshifarm 
  • URL 
  • 2013.10/15 00:55分 
  • [Edit]

Re: takeshifarmさんへ 

こんばんは^^
訪問&コメントありがとうございます。
返信がずいぶんと遅くなってしまい、申しわけございません。

温かいコメントに励まされます><
私自身、もうずいぶんと甘酸っぱい恋をしておりません(笑)
小説とかマンガの中でしか味わえないという…。

更新はもう少々お待ちくださいっ
  • posted by デジャヴ 
  • URL 
  • 2013.10/31 19:38分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ  

FC2Blog Ranking

ワンクリックで応援お願いします!

最新記事

プロフィール

デジャヴ

Author:デジャヴ


二次創作小説・オリジナルファンタジー小説を書いています。訪問して下さった皆様に少しでも楽しんでいただけると幸いです。

恋愛小説サイト『恋砂糖*ひと匙』も運営中


【補足と注意】

・過度な性描写・暴力シーンはありません。

・原作キャラでの同性愛は一切書きません。

・コメント、感想はありがたく頂戴いたします。誹謗中傷やマナーのないコメントは受け付けません。

・当ブログを利用するにあたり、一切の責任は負いかねます。あらかじめご了承ください。

・小説、イラストともに転載・複写×
著作権は放棄しておりません!

以上の点をご理解いただけますことを心よりお願い申し上げます。まだまだ不慣れですが、温かく見守っていただけると幸いです。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。