FC2ブログ

すっごくRPG!!

二次創作小説・オリジナル小説を掲載しております。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【恋愛】 幸福の再来~白い蕾をつける花~  04

「俺、千里さんと同じクラスになったんすけど、全然話したことないんですよね」
「そうなのか?」
「そうなんっす、よっと」

 勢いがついた答え方。それもそのはず。
 窓の鍵を外してガラリと音を立てて窓を開け放った。
 冷たい風が頬をなで、カーテンが翻った。

「寒っ! セーンリさ~ん!」

 千里ひかりはびくっと肩を震わせ、はっと顔を上げた。
 戸惑いの色を浮かべていた表情から、ふわりと微笑む。
 目を穏やかに細め、手を振る。その拍子に、指先についた土が舞い、彼女の顔にかかる。

 慌てる千里ひかりを見て、副会長はくっくと笑った。

「マジ、おもしろい人なんですよね。天然って、いいっすよね」
「天然……」

 清次郎は風の冷たさに驚きながら、千里ひかりを見つめた。

「千里さ~ん、寒くないの?」
「寒いですー!」
「ははっ、だよね! こっちおいでよ」
「お邪魔してもいいんですか」

 彼女の視線は「おいで」と言った副会長にではなく、清次郎に向けられていた。
 清次郎はややあって、頷いた。
 千里ひかりは、またふわりと笑って「すぐ行きます」と答えた。



<ブログトップへ戻る>
次≫【恋愛】 幸福の再来~白い蕾をつける花~  05
スポンサーサイト

*Comment

No title 

>彼女の視線は「おいで」と言った副会長にではなく、清次郎に向けられていた。

きゃああ。
もう、なんか、いいですね!

天然なんでしょうか。今後が楽しみです。
やっぱり私は真面目なタイプの女の子の方が好印象を持ちますね。
  • posted by Sha-La 
  • URL 
  • 2013.09/25 00:58分 
  • [Edit]

Re: Sha-La さんへ 

こんばんは。
訪問、コメントありがとうございます^^
楽しんで頂けて嬉しい限りです!

> やっぱり私は真面目なタイプの女の子の方が好印象を持ちますね。
おっとり真面目系女子に萌えます(笑)

好きな人につい尋ねてしまう乙女心。
こういう言動表現はついつい作品に織り込んでしまいます(笑)
  • posted by デジャヴ 
  • URL 
  • 2013.09/25 21:35分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ  

FC2Blog Ranking

ワンクリックで応援お願いします!

最新記事

プロフィール

デジャヴ

Author:デジャヴ


二次創作小説・オリジナルファンタジー小説を書いています。訪問して下さった皆様に少しでも楽しんでいただけると幸いです。

恋愛小説サイト『恋砂糖*ひと匙』も運営中


【補足と注意】

・過度な性描写・暴力シーンはありません。

・原作キャラでの同性愛は一切書きません。

・コメント、感想はありがたく頂戴いたします。誹謗中傷やマナーのないコメントは受け付けません。

・当ブログを利用するにあたり、一切の責任は負いかねます。あらかじめご了承ください。

・小説、イラストともに転載・複写×
著作権は放棄しておりません!

以上の点をご理解いただけますことを心よりお願い申し上げます。まだまだ不慣れですが、温かく見守っていただけると幸いです。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。