FC2ブログ

すっごくRPG!!

二次創作小説・オリジナル小説を掲載しております。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#2 彩夏


 今日から、高校二年生。

 わたしは躊躇することなくスカートを短くした。
 スカートのウエスト部分を二段折って、膝上までしっかりと見えるように。
 鏡の前で何度もスカートの短さをチェックする。
 前から見たときと、後ろから見たときで短さが違うのは、とてもダサいことを知っているから。

(うん、よし)

 ようやく、胸を張れる。ようやく、自分に自信が持てた。
 そんな気分。

 一年生の頃には出来なかった。
 上級生に目を付けられることが怖くて、放課後の人通りの少ないところでしか折れなかった。
 
 渋い深緑色のチェック柄のスカート。
 春休み中にクリーニングに出していたから、どこかパリッと形作られている。

 スカートをしみじみと見つめていると、ふと瞳子のことを思い出した。
 去年のこと。
 文化祭の準備期間中、瞳子はスカートに絵の具をつけてしまったのだ。

 美術部に所属する瞳子は、毎年恒例の作品展の為に作品を描いていた。
 

 瞳子は水彩画にチャレンジするのだと意気込んでいた。
 普段はサボりがちな美術室に毎日出ていた。 
 先輩に教えてもらいながら一生懸命描いている最中に、やってしまったのだと言う。
 そう。熱が入りすぎたのだ。 


 そうして出来上がった水彩画は――お世辞にも上手いとは言えなかった。
 ぼけた色。
 水分を含みすぎた紙はべこべこと、へこみを作っていた。

 ――不器用。

 六花はばっさり切り捨てた。
 わたしも同じ感想を持った。

 ――だけど、ところどころすごくキレイな色をしているよ。ここ、可愛い色で好きだな。
 
 七海は瞳子が描いた水彩画に、触れるか触れないかぐらいの近さで指を滑らせた。

 赤からピンクに移り変わる。
 黄色から緑へと色が変っていく。
 

 淡く、淡く。


 その色の柔らかさが、瞳子のようだと思った。

 瞳子はいつも柔らかく笑うから。
 きっとそう思ったのだろうと思う。


「彩夏ー! そろそろ朝ごはん食べなさい」


 リビングから母に叫ばれ、はっと我に返る。

 今一度、鏡の中の自分を見つめて、息を吐き出す。
 気合を入れるための、息だった。



 今日から、高校二年生。





#1 彩夏 ≪ ブログトップへ戻る
スポンサーサイト

*Comment

No title 

わあ。なんかいいですね。
スカート丈を短くとか懐かしいです。
なんか、読んでいる私まで、すっかり女子高生気分になってしまいました(笑)

淡く色が移り変わっていく水彩画、
さすが、描写がとてもお上手だなあと思いました。

また、無理のない程度に更新を楽しみにしています。
  • posted by Sha-La 
  • URL 
  • 2013.09/16 00:56分 
  • [Edit]

Re: Sha-La さんへ 

こんにちは^^
訪問、コメントありがとうございます♪

学年上がるごとに、スカートの丈が短くなる――これって結構あるあるだと思いませんか?(笑)

私自身、中高と美術部に所属していたのですが…水彩画については、まさに瞳子と同じでした。
水分含みすぎて、紙がべっこべこになるというw
瞳子の技量描写については自分自身の経験談をちょっと入れています。

温かいコメントありがとうございます。
とても励みになります^^
  • posted by デジャヴ 
  • URL 
  • 2013.09/16 14:23分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ  

FC2Blog Ranking

ワンクリックで応援お願いします!

最新記事

プロフィール

デジャヴ

Author:デジャヴ


二次創作小説・オリジナルファンタジー小説を書いています。訪問して下さった皆様に少しでも楽しんでいただけると幸いです。

恋愛小説サイト『恋砂糖*ひと匙』も運営中


【補足と注意】

・過度な性描写・暴力シーンはありません。

・原作キャラでの同性愛は一切書きません。

・コメント、感想はありがたく頂戴いたします。誹謗中傷やマナーのないコメントは受け付けません。

・当ブログを利用するにあたり、一切の責任は負いかねます。あらかじめご了承ください。

・小説、イラストともに転載・複写×
著作権は放棄しておりません!

以上の点をご理解いただけますことを心よりお願い申し上げます。まだまだ不慣れですが、温かく見守っていただけると幸いです。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。