すっごくRPG!!

二次創作小説・オリジナル小説を掲載しております。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネメア編

表記について:「&」表記はノーマル  「×」表記は恋愛モノ    〔ブログトップへ戻る

☆短編

【ケイト&ネメア】 完結 ※上から順に読んでいってね!


自分の幸せは自分で見つける (あとがき)
 野宿をしているときのこと、ネメアはケイトにある質問を投げかける。


ネメア (あとがき)
 なぜ北へ進む? 
 ネメアの意図を図りかねたケイト。二人の間にズレが生じる。 


重なる記憶 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9)
 自分はなにがしたいのか、どう生きたいのか分からなくなったケイト。
 戦いに疲れ果てたケイトが最後に下した選択とは――。


暖かな陽のもとで (1) (2) (3) (あとがき)
 賢者の森に住むオルファウスと、猫(魔人)のネモはバイアシオン大陸を飛び出し旅をしていた。
 懐かしい二つの気配に誘われ、ある村にやってくる。



【ケイト×ネメア】
糖度...★☆☆☆☆ 完結

悪い夢から救って  (1) (2) (3)
ノーマル編を受けての恋愛(看病)モノ。
ある春のこと。熱を出したケイトは悪夢にうなされる。




糖度...★★☆☆☆ 完結

宿屋でのひと時
タイトル通り、宿屋でのひと時です。ちょい(?)甘め。ネメアらしくねーww








【黄金色に輝く畑】スタート


女主人公:ケイト (黒髪)


ロストール王国領内にあるノーブルの農民。
ノーブル領主ボルボラへの反乱を機に、ボルボラの主君レムオンに見出され、彼の妹のふりをしつつノーブルの領主となる。レムオンに「世界を見て来い」と言われたことから冒険者として世界を駆ける。
世界の戦乱が収束した後は、自分の力を恐れバイアシオン大陸から旅立つ。

性格
さっぱりとした荒い気性の持ち主。
サバサバしてるんでしょうね。
弟のチャカが男らしくないことを言うと、鉄拳を繰り出すほど男勝りな女性。

レムオンに「ティアナのように女らしくしたらどうだ?」的なことを言われるほど
言葉遣いもけっこう荒っぽい。

(追記:「余計なお世話だ」的な意味でそっぽ向く女主人公に毎回萌えてますww)







ネメア・ランガスター・ディンガル (性別:男)



魔王バロルを倒したバイアシオン大陸の英雄。
後に帝位につき「獅子帝」と謳われる。
バロルの娘であるディンガル皇女エスリンと魔人バルザーとの間に生まれた「半魔」である。
生まれる直前に母が殺され、賢者の森に遺棄された所をオルファウスに胎内から救い出されて育てられる。
帝位についた後は主人公と対立関係にある。

漆黒の鎧を纏い、槍を携えて金色の長髪をなびかせる姿が印象的な男性。
 
性格
自分に厳しく、人に優しく。
コミュニケーション能力はあるのに、怖い顔のせいで仲良くなれない。
主人公とのイベントのときはけっこう優しい言葉遣いをしているため、根はすっごく良い人。








ザギヴ・ディンガル (性別:女)

帝国の内務統括として内政を司る。
「ディンガル」の姓が示すとおりネメアに次ぐ帝位継承権を持っている。
家族を魔人に惨殺され、自身もあわやという所をネメアに救われた。
その際に身体の中に魔人が巣食っており、闇を畏怖する日々を送っていた。
主人公との出会いから明るい性格を取り戻していく。

性格
ツンデレ。
最初こそ「私に付きまとわないで」と冷遇するが、最終的にデレる。









ありがとうございました&お疲れ様でした
  クリックしてくださると励みになります!!
ブログトップへ戻る








【注意点】



主人公の生い立ち、容姿(髪の色だけww)
初期能力を決められるのが『Zill o'll』の特徴の一つといえます。

二次創作小説を書くに当たって便宜上、各主人公に名前をつけてあります。

また、(覚えている限りとなりますが)原作の登場人物たちのセリフから

なんとな~く各主人公の性格を決定しています。が、都合上から性格を変えたりするかなぁ?ご了承ください。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ  

FC2Blog Ranking

ワンクリックで応援お願いします!

最新記事

プロフィール

デジャヴ

Author:デジャヴ


二次創作小説・オリジナルファンタジー小説を書いています。訪問して下さった皆様に少しでも楽しんでいただけると幸いです。

恋愛小説サイト『恋砂糖*ひと匙』も運営中


【補足と注意】

・過度な性描写・暴力シーンはありません。

・原作キャラでの同性愛は一切書きません。

・コメント、感想はありがたく頂戴いたします。誹謗中傷やマナーのないコメントは受け付けません。

・当ブログを利用するにあたり、一切の責任は負いかねます。あらかじめご了承ください。

・小説、イラストともに転載・複写×
著作権は放棄しておりません!

以上の点をご理解いただけますことを心よりお願い申し上げます。まだまだ不慣れですが、温かく見守っていただけると幸いです。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。