FC2ブログ

すっごくRPG!!

二次創作小説・オリジナル小説を掲載しております。

Entries

レディ・バレンタインとエルバ・ローウェン

バレンタインが窓を開けるなり、エルバは顔をしかめて図書館の奥を眺めた。

「さっき、いけ好かない奴が居た気がするんだけど」
「も、もう居ないよ」
「もうってことは居たんだな」

誰、と詳しく言わなくてもエルバは理解したようだった。
いかなるときでも目の敵なのだろう。
エルバは、バレンタインの顔が赤いことに気付き、眉を寄せた。

「また手ぇ出されたのか」
「ち、違うよ!」
「お前がはっきりさせないからだろ」

大きな手が伸びてきて、バレンタインの頬に当てられた。
バレンタインは身を竦ませる。

「そろそろ、はっきりさせろよ」

まっすぐに向けられる視線からは逃れられない。
言うべき言葉は決まっているのに、また口が動かなくなる。
緊張と恥ずかしさで暴れ狂う心臓。
真っ白になった頭で懸命に考えて、出した答え――エルバの手に自分の手を重ねた。
エルバの指の間に、指を落としてぎゅっと握る。

「答えだと思っていいの?」

訊かれて、バレンタインはぎこちなくうなずいた。
そう、とエルバは呟いて頬から手を放した。
解かれた熱を名残惜しく思いながら、エルバを見つめ返す。
エルバはヴァイオリンケースを足元に置き、バレンタインを手招いた。

「もっと、こっち寄って」
「え? こう?」
「こっち乗り出してきて。そうそう、そのまま」

窓に手をついて身を乗り出すバレンタインに、エルバは腕を回して抱き寄せた。
目を白黒させるバレンタイン。
エルバはそっと耳元で囁いた。

「キスしたい」

甘くかすれた声が耳朶をくすぐる。
バレンタインは身を固めたまま、目を瞬く。

「そん、な……だって、そんないきなり、は」
「あの日、すごく我慢したんだけど」
「あの、日?」
「ちょうど、こんな風に手を握って、見つめあって……」

自習室での出来事を思い出し、さらに顔が熱くなる。
片手を捕らわれて、指を絡められる。
エルバはうつむくバレンタインの顔を下から覗き込み、鼻先を合わせた。

「これくらい近かったよ」
「そ、そんなこと……」
「ずっと、見てたんだ。サスがお前を好きになる前から、ずっと……」

どこでこんな知識を身につけるんだろう。
じりじりと間合いを詰められている気分だった。
一気に来ないところがエルバらしい。ずっと意地悪で、心を揺さぶられて、熱くなる。

「どうする?」
「そんなこと、聞かないで……」
「お前が嫌がることはしたくないんだけど? されたい?」

これ以上は恥ずかしさで頭が回らない。
逃げようと身を引こうとすると、それ以上の力でエルバに引き戻される。
結局、逃がしてくれる気はないんだ。

「……もう……無理……」
「じゃあ、する」
「あ、……んん……」
「まだ解放してやらないよ。次は、ご褒美の分……」








ありがとうございました&お疲れ様でした


  クリックしてくださると励みになります

前へ ≪ブログトップへ戻る≫  最終話 レディ・バレンタインのその先へ…

追記 書いててめちゃくちゃ恥ずかしかった……(汗)
スポンサーサイト

*Comment

 

更新お疲れ様です!
やった~と、とうとう(//▽//)♥

エルバ君、バレンタインがそばに行くまでヴァイオリンを弾き続けていると思っていましたww自信満々なのに待ちきれないなんて、意外とやきもち焼きですね!
ライバルがいっぱいだから気が抜けないでしょうしw
なんだか胸がいっぱいです♥(*ノ▽ノ)ゴチソウサマ

ハッピーな時間をありがとうございました❤
  • posted by 椿 
  • URL 
  • 2013.01/25 16:07分 
  • [Edit]

Re: 椿さんへ 

こんばんは!
コメントありがとうございます><

ラブな展開はさらっと終わらせたかったのに、若干いやらしくなりました(苦笑)
読者に回れば好きな展開・シーンなのに、書き手に回ると途端に恥ずかしくなるもんなんですねw
公開するのをためらいました、恥ずかしすぎてw
いえですが、楽しんで頂けたなら幸いでございます♪

拍手コメの方でもありがとうございました!
あと一話で終わる予定なので、どうぞ宜しくお願いします。
ラストも頑張ります!!
  • posted by デジャヴ 
  • URL 
  • 2013.01/25 22:44分 
  • [Edit]

No title 

>書いててめちゃくちゃ恥ずかしかった……(汗)

追記で書いてしまう気持ち分かります(笑)
私もずいぶんいやらしくしてしまう傾向が……
すごく反省するんですけど妄想が暴走するんですよねー
このくらいならぜんぜん大丈夫!
純愛バンザイ!!\(^0^)/
※なんのコメントだ(笑)すみません。。
  • posted by るる 
  • URL 
  • 2013.02/16 09:54分 
  • [Edit]

Re: るるさんへ 

こんにちは!
訪問ありがとうございます^^

書きたくなる気持ち、分かってくださいますか!
とりあえず言い訳をしたかったんです(笑)
反省したのに【恋愛SS】でやらかしているんです、私w

> このくらいならぜんぜん大丈夫!

本当ですか!? そう言っていただけると、開き直れます!(←おいw)
嬉しいコメントありがとうございました!
  • posted by デジャヴ 
  • URL 
  • 2013.02/16 13:56分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ  

FC2Blog Ranking

ワンクリックで応援お願いします!

最新記事

プロフィール

デジャヴ

Author:デジャヴ


二次創作小説・オリジナルファンタジー小説を書いています。訪問して下さった皆様に少しでも楽しんでいただけると幸いです。

恋愛小説サイト『恋砂糖*ひと匙』も運営中


【補足と注意】

・過度な性描写・暴力シーンはありません。

・原作キャラでの同性愛は一切書きません。

・コメント、感想はありがたく頂戴いたします。誹謗中傷やマナーのないコメントは受け付けません。

・当ブログを利用するにあたり、一切の責任は負いかねます。あらかじめご了承ください。

・小説、イラストともに転載・複写×
著作権は放棄しておりません!

以上の点をご理解いただけますことを心よりお願い申し上げます。まだまだ不慣れですが、温かく見守っていただけると幸いです。

右サイドメニュー