FC2ブログ

すっごくRPG!!

二次創作小説・オリジナル小説を掲載しております。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

序章 うごめく闇

 月光に満たされた執務室。窓辺に立つ一人の人間が、首をめぐらせた。

「来たか」

 ガナン帝国で知らぬ者はいない。 冷血の帝国将軍は、音も無く訪れた者に視線を向けた。
 黒衣の来訪者は深々と頭を下げて、片膝を地につけた。
 将軍は黒衣の者からいくつかの連絡を聞き、喉の奥で低く笑った。

「あの女も諦めが悪い。
 港の一つや二つで私が動くと思っているらしい。
 すがりつく相手が私だというのもまた滑稽な話だ」

 残虐非道で、裏切りなど当たり前。そんな噂が付きまとう敵国の冷血将軍を頼って、活路を見出そうというのだから。
 よほど追い詰められているようだ、と将軍は一笑した。
 しかし、機は熟した。

「このままでは長兄が優勢のまま決着がつきそうですが」
「そうだな。今ならあの女も動くだろう」


 将軍の美貌に刻まれたのは、鮮やかな嘲笑。


「あの女に命が欲しければ 例の物 を持ってくるよう伝えろ。
 それが嫌なら国と子と共に滅びろと、な。
 諦めて亡命すれば もしくは道が拓けるやも、と希望をちらつかせておけ」

 将軍は続けて言う。

「それから、シャンデル王子にも帝国が動き出す、と情報を流しておけ。
 帝国の姫との婚約を破棄した時点で、あの国の末路は決まった。
 他国の軍事介入なしに止められはせん。 民を守りたければ亡命してこいとな。言葉で理解できない場合は……お前に一任する。 なんとしても私の前につれて来い」

 将軍が部屋を動き回り、それを追うように黒衣の者の目が動く。

「ご命令のままに」

「同盟国側に近い西の関所だが、規制を緩めておく。
 難民はそこからしか受け入れん。
 西の関所へ流れるよう、情報を広めておけ」

「同盟国にも民を流すのですか」

「傍観を決め込んでいるあちらにも背負ってもらうさ。こちらの国庫も無駄にしたくない。
 アレが届き次第、一斉攻撃に移る」

 黒衣の者の前に、将軍の顔が落ちてくる。
 背後からひょっこり顔を覗かせて、将軍は目を細めた。
 紺碧の瞳は――黒衣の者の、一瞬の動揺を見逃さなかった。

「……なんだ、お前がそんな顔をするなんて珍しいじゃないか。情でも移ったか」

 物珍しさに嬉々とする子供のような調子に、黒衣の者はまっすぐに否定した。

「むしろ、他国に対してずいぶん寛容でいらっしゃる」

「民に罪はない。我が国の民となる者たちだ。
 大事な労働力を失うわけにはいかない。無いとは思うが……くだらぬ情で私を裏切るなよ」

「私はあなたに全てを捧げると誓いました」

「冗談だ。お前に裏切られては私の命はない」

 将軍は黒衣の者の前に立ち、左手の甲を差し出す。
 黒衣の者は、畏れ敬うようにその手を両手で包み、唇を落とした。

 忠誠のキスを受けた細い手はしゅるりと滑り抜け、将軍は踵を返す。
 月光に照らされた地上の遥か向こうを睨んだ。



「この戦争に私と皇帝の行く末が懸かっている。
       必ずあの忌々しい魔法の国 シャンデリアを落とすぞ」







ありがとうございました & お疲れ様でした。
これより 『亡国のシャンデリア』 の開始です。
皆様に楽しんでいただければ幸いです。頑張ります!



ブログトップへ戻る  ≫一章 春の訪れ (1)
亡国のシャンデリア 目次
スポンサーサイト

*Comment

No title 

こんにちは。
「もう一つのメリークリスマス」とは
全然違うプロローグ…。
先が気になります!
  • posted by Sha-La 
  • URL 
  • 2013.06/09 15:49分 
  • [Edit]

Re: Sha-La さんへ 

こんばんは^^
訪問、コメントありがとうございます。
美都たちも主人公ですが、
プロローグの面子も主人公でもあります。
  • posted by デジャヴ 
  • URL 
  • 2013.06/09 23:01分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ  

FC2Blog Ranking

ワンクリックで応援お願いします!

最新記事

プロフィール

デジャヴ

Author:デジャヴ


二次創作小説・オリジナルファンタジー小説を書いています。訪問して下さった皆様に少しでも楽しんでいただけると幸いです。

恋愛小説サイト『恋砂糖*ひと匙』も運営中


【補足と注意】

・過度な性描写・暴力シーンはありません。

・原作キャラでの同性愛は一切書きません。

・コメント、感想はありがたく頂戴いたします。誹謗中傷やマナーのないコメントは受け付けません。

・当ブログを利用するにあたり、一切の責任は負いかねます。あらかじめご了承ください。

・小説、イラストともに転載・複写×
著作権は放棄しておりません!

以上の点をご理解いただけますことを心よりお願い申し上げます。まだまだ不慣れですが、温かく見守っていただけると幸いです。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。