FC2ブログ

すっごくRPG!!

二次創作小説・オリジナル小説を掲載しております。

Entries

ユーリスの魔法のホウキ☆ (4)

〔PT: ケイト フェティ ユーリス イーシャ〕


暴走した魔法のホウキはリベルダムの商店街の大路を突っ切って、人々を驚かせた。
ホウキが過ぎ去った後には突風が起こり、女性たちのスカートがまくれ上がる。
次々に女性達の悲鳴があがり、「ごめんなさーい!」とユーリスの絶叫のような謝罪が響いた。

振り落とされぬよう、必死にしがみつく三人。
なんとか暴走を止めようとケイトが目を開け、すぐに瞠った。

「ユーリス!! ユーリス!!」
「きゃああああああああああ!」
「ユーリス、前! 前前々!!!!」

ケイトの視線の先にはリベルダムの象徴、時計塔がそびえ立っていた。
このまま直進すれば、間違いなくぶつかる。
三人揃ってお陀仏だ。

「ユーリス!!」

ケイトがユーリスの脇に腕を通し、ユーリスの手に自分の手をかぶせた。
ケイトが魔法を発動させようとしているのを感じ取ったユーリスは、はっと目を開けて魔法を発動させた。

「死ぬ~~~~!」

フェティの絶叫。

だが、ホウキは時計塔にぶつかる寸での所でピタリと止まった。

ほっと安堵する三人だったが――――ホウキが垂直に持ち上がり、時計塔の側面を駆け上がる。

再び三人の「ギアアアア!」という色気もなにもない絶叫が響き渡り、リベルダム中が騒ぎになった。

リベルダムの街を抜け、魔法のホウキは街道へと出た。
雑木林がなくなり、森が見え始めた道。
そこに見慣れた一向がいた。

「ネメア様ぁああああ! 助けてぇ~~!!」

すがるような思いでユーリスは、ネメアに助けを求めた。
ネメア、オイフェ、ゼリグ、ドルドラムは同時に顔を上げ、
顔に似合わぬ「ぎょ」とした表情を浮かべた。

ネメア一向の横を通り抜け、さらに暴走するホウキ。
しかし、ユーリスの魔力によってネメアたちの周りを旋回していた。
これもネメアにすがるユーリスの思いの力なのか。

しかし、グルングルンとケイトたちも上下に振り回されていた。
そのうち――――、


「落ち――」


ケイトが振り落とされた。

胃の浮くような感覚が襲い、それから一気に地上へ落ちていく。

死が脳裏をかすめた瞬間。

誰かが抱きとめてくれた。

*   *   *   *   *   *   *   *   *


無限のソウルを持つ者――ケイトが落ちる瞬間。

ボルダンの闘士ゼリグは、肩当を外しながらケイトが今まさに落ちようとする地点へと走った。
なぜ走ったのかは分からない。
だが、衝動だった。
あの女に死なれては困る。

ネメアが走るよりも先に、走った。

ケイトを抱きとめた瞬間に肩がみしりと軋んだ。
奥歯を噛みしめ痛みを流し、震えるケイトを腕の中に残したまま膝をついた。

「怖かった……」

ブルブルと震える少女が、自分の腕の中にいた。
街道で一度戦ったことがあったが、いくら強くともやはりこの少女は、「少女」だった。
口数の少ないゼリグは、一言声をかけた。

「もう、大丈夫だ」

ケイトは声に驚き、すぐさま顔を上げた。

「アンタ……ゼリグ? なんで。あ、それどころじゃない!」

自分の腕の中から飛び起きて、ケイトは仲間の名を呼んだ。
ホウキに振り回される少女たち。

「魔法を使うなぁー! そしたら止まるー!」

ケイトが大声で叫んだ結果、ホウキはそのままピタリと止まり、森へ落ちていった。

「ユーリス、フェティ!」

走り出そうとしたケイトだったが、ゆらりと体を揺らしてこけた。

「ダメだ、足に力が……」
「俺が行って来る」

ゼリグはケイトに言い残して、森へ向かった。


*   *   *   *   *   *   *

「お手数をおかけしました」

ユーリスたちは揃ってネメアたちに頭を下げ、反省した。
特にユーリスはネメアに強く諌められた。

「怒られちゃったぁ」
「当たり前でしょう!」

と尤もらしくフェティは怒り狂い、ネメアの次にフェティの小言まで受ける羽目になったユーリス。
ケイトは、というと。
見えなくなっていくゼリグの背中を追っていた。

「案外、いい男ね……はッ」

ぽつりと呟いてから、激しく頭を振った。

「ダメダメ! アタシにはレムオンが居るんだから!」




こうして、ユーリスの実験はまた失敗に終わったのだった。




END



ありがとうございました&お疲れ様でした

クリックしてくださると励みになります
ブログトップへ戻る
スポンサーサイト

*Comment

こんにちはv 

こんにちはv

面白すぎですww
ユーリスらしくて笑っちゃいましたw
そしてフェティの怒りまくる姿が想像出来ますよw
ケイトもお疲れ様~b
あの時計塔にぶつかったら
いくらVIT上げててもヤバイでしょうねw

PS2版ジルオールプレイしようか悩みます(´∀`*)
  • posted by hukuya 
  • URL 
  • 2013.06/23 15:17分 
  • [Edit]

Re: hukuya さんへ 

こんにちは!
訪問、コメントありがとうございます^^

> 面白すぎですww
> ユーリスらしくて笑っちゃいましたw
> そしてフェティの怒りまくる姿が想像出来ますよw

楽しんで頂けて良かったぁ♪
ユーリスとフェティのコンビは大好きです☆
このネタは思い浮かんだら筆が止まらなかったんですw


> PS2版ジルオールプレイしようか悩みます(´∀`*)
ぜひプレイしてほしいですっ!(,,゚Д゚)∩
笑いどころが地味に多いんですよね。ヴァンとか、ユーリスがいい味出してますw
  • posted by デジャヴ 
  • URL 
  • 2013.06/23 16:38分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ  

FC2Blog Ranking

ワンクリックで応援お願いします!

最新記事

プロフィール

デジャヴ

Author:デジャヴ


二次創作小説・オリジナルファンタジー小説を書いています。訪問して下さった皆様に少しでも楽しんでいただけると幸いです。

恋愛小説サイト『恋砂糖*ひと匙』も運営中


【補足と注意】

・過度な性描写・暴力シーンはありません。

・原作キャラでの同性愛は一切書きません。

・コメント、感想はありがたく頂戴いたします。誹謗中傷やマナーのないコメントは受け付けません。

・当ブログを利用するにあたり、一切の責任は負いかねます。あらかじめご了承ください。

・小説、イラストともに転載・複写×
著作権は放棄しておりません!

以上の点をご理解いただけますことを心よりお願い申し上げます。まだまだ不慣れですが、温かく見守っていただけると幸いです。

右サイドメニュー