FC2ブログ

すっごくRPG!!

二次創作小説・オリジナル小説を掲載しております。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虚無の子の心

モンスター討伐の依頼を受け、乙女の鏡へ訪れていたケイト。
無事にモンスター討伐を終えたケイトは、中央の島でくつろいでいた。
片足を水につけてかき回すと、サラサラと水が肌を滑った。

「うん?」

ケイトは背後に異変を感じ、息を詰めた。
だが、これは知った気配だった。
緊張と警戒を解いて、また水面で遊び始める。

「ケイト」とやはり知った声が、自分を呼んだ。
ケイトはおもむろに顔をあげて振り返り―― シャリを見た。

「僕のことを、人形じゃないって言ったこと覚えてる? あれはどういう意味」

漆黒の髪と瞳を持つ少年は、まっすぐに視線を落として、ケイトの真意を掴もうとする。
すると、ケイトはふっと笑った。

「そんなことを聞くために、わざわざ来たの。らしくないよ」
「らしくない? そう? そうかな」

シャリはその場から動こうとはせず、ただ黙ってケイトを見ていた。
ケイトはまた水面に目を戻して言った。

「どうして僕を警戒しないんだろう」

シャリはわずかに片眉を上げた。
ケイトはそれを知ってか知らずか、とにかく、笑った。

「どうせそんなことを考えているんでしょう。
 人間、真っ黒な腹だけを抱えているもんじゃないよ。
 信用して痛い目を見る事だってあるけどさ、人間ってそういうもんだよ」
「人間の考えていることなんか分からないよ」

ケイトは足が冷えてきたのか、水から引き上げて陽に当てて乾かし始める。
足をそろえて座り、シャリを見上げてやはり笑った。

「人間になりゃ、分かるさ」

シャリは目の端に怒りを滲ませて、あざ笑った。

「僕はどちらかというと、人形に近いと思うな。いいや、人形のほうがずっと良い!」
「でも、死んだ人間の願いを叶えようとしてるじゃない。
 人形じゃそんなことはできない。人間の願いや、感情を理解することなんて、人形にはできない」

ケイトは立ち上がり、軽やかな足取りでシャリの前に立った。
後ずさるシャリに迫り、そっと胸に手を当てた。
ケイトは真剣な表情を浮かべてシャリを見る。

「ココ、本当は痛いんでしょう。たくさんの苦しみを共有したから、痛いでしょう」

シャリが言い淀むと、ケイトはすっと目を細めて言い加えた。

「でも、この痛みはアンタが欲しがった痛みじゃない。
 アンタの本当の願いは、アンタ自身がココに負った痛みが欲しいんだ」
「違う。僕はそんなものを望んでいない」
「本当は、願いってなに、なにをどうすれば願いは生まれるの。
 そんなことを考えているんでしょう――っ……。」

シャリは険をにじませた目で、ケイトを突き放した。
人間をもてあそぶことは好きだが、もてあそばれることは嫌いだ。
そう言い捨てて、シャリはいつもの飄々とした表情をつくった。

「どうでも良いんだ、そんなことは。だって、僕の存在は変えようがない。
 叶えられなかった願いを叶え、すべての悲しみを終わらせる者。僕はそれ以外の何者でもない」

シャリは踵を返す。

「さようなら。次に会う時はまた敵同士だね」

そう言い残して、シャリは転移魔法で消えた。
ケイトは肩をすくませて、ふんと鼻から息を吐いた。
遠くの方から「ケイト!」と呼ぶ声がした。

ゼネテスが駆けつけ、ケイトの体を見た。

「怪我は?」
「ない」
「そうか、良かった。まさかシャリが現れるとは思ってもみなかった」
「そうだね」

あっけらかんとした答えに、ゼネテスは少しだけ面食らった。
ケイトはどこか思いつめたように、シャリが居た場所を見つめていた。

「ねぇ、ゼネテス」
「あ?」
「シャリは、自分の願いをどうして叶えないんだろうね」
「あいつに願いなんてあるのか?」
「分からない」
「はあ? 話がめちゃくちゃだぞ」

うん、とケイトはうなずいた。
シャリはめちゃくちゃだった。

何度かシャリと会話したり、戦ったり。
やり方はどうであれ対話してきたつもりだった。
だが、やっぱりこれっぽっちもシャリのことは分からない。

「寂しくないのかな」

ただ、その思いだけがしこりのように残っていた。



ありがとうございました&お疲れ様でした


クリックしてくださると励みになります

ブログトップへ戻る
伝導師さんたちのリンク
スポンサーサイト

*Comment

おはようございます! 

おはようございます!

シャリって深いキャラですよね・・
EDでも良く分からない展開ですし。
ただ、ラドラスで「人形じゃない!」って
言ったケイトに対しては、何かを感じ取ってるんでしょう。

シャリまでパーティメンバーに加わったら、きっと面白い展開になってましたよねww
ティラが出てこないと割りに合わなくなってくるw
  • posted by kaorin114 
  • URL 
  • 2013.01/12 06:17分 
  • [Edit]

Re: kaorin114 さんへ 

こんばんは!
コメントありがとうございます♪

> シャリって深いキャラですよね・・
> EDでも良く分からない展開ですし。
EDでは主人公が勝つんだろうなぁ、と思うと切なくなります。
二週目以降で、隠しキャラ的な感じで仲間になって欲しかったキャラです;;

> シャリまでパーティメンバーに加わったら、きっと面白い展開になってましたよねww
> ティラが出てこないと割りに合わなくなってくるw
シャリが仲間になってくれたら、戦闘になる円卓の騎士全員と戦えるんじゃないかと思いますww
主人公(二刀) レムオン たまねぎ シャリ で最強かもしれない(笑)

「もしもシャリがPTに入ったら」という設定で物語を書くのもありかもしれませんw
  • posted by デジャヴ 
  • URL 
  • 2013.01/13 00:12分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ  

FC2Blog Ranking

ワンクリックで応援お願いします!

最新記事

プロフィール

デジャヴ

Author:デジャヴ


二次創作小説・オリジナルファンタジー小説を書いています。訪問して下さった皆様に少しでも楽しんでいただけると幸いです。

恋愛小説サイト『恋砂糖*ひと匙』も運営中


【補足と注意】

・過度な性描写・暴力シーンはありません。

・原作キャラでの同性愛は一切書きません。

・コメント、感想はありがたく頂戴いたします。誹謗中傷やマナーのないコメントは受け付けません。

・当ブログを利用するにあたり、一切の責任は負いかねます。あらかじめご了承ください。

・小説、イラストともに転載・複写×
著作権は放棄しておりません!

以上の点をご理解いただけますことを心よりお願い申し上げます。まだまだ不慣れですが、温かく見守っていただけると幸いです。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。