FC2ブログ

すっごくRPG!!

二次創作小説・オリジナル小説を掲載しております。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一つのメリークリスマス(18)

寝室へと続く廊下を進むなか、美都は混乱しきった頭を働かせてこう言った。

「先輩、あの、今なんておっしゃいました?」
「どうして慌てるの」
「あ、慌ててなんか」

裏返る声を誤魔化すように咳払いをひとつする。
きっと休憩させてくれるだけよ。
心の中で言い聞かせて、頭を振った。

高木は動揺する美都を見下ろして、くっくと喉で笑った。
ある一室の前で立ち止まり、高木はゆっくりとドアノブを握った。
ひねられるドアノブを食い入るように見つめる美都。

開け放たれたドアの先には、シングルベッドがひとつ置かれていた。
サイドにはタンスや、全身を写せるほどの大きな鏡。

「こっちの世界にいる時は、この部屋を使っているんだ」

高木はさらっと説明をして、固まっている美都の背を押した。

「さ、入って」
「いや、でも」

ずいずいと背中を押されていく。
はじめての経験であるため、どうやってこの事態から逃れたら良いのかわからない。

「ほらほら、嫌がらずに歩いてよ」
「嫌じゃないんです……その」
「じゃあ――帰ろう」
「へ?」

高木は声を出して笑い、鏡の前に美都を立たせた。
納得した美都はようやく落ち着きを取り戻す。
そんな美都に、高木は意地悪くベッドへと顎をしゃくった。

「美都ちゃんがその気なら、俺は構わないけどね?」
「そんな気はありません!!」
「そう? じゃあ帰ろうか、俺たちの世界に」

美都は行きと同じように、高木に身を寄せた。
魔法が発動し、鏡が揺れる。
二度目だがまだ慣れない。

「大丈夫だよ。肩の力を抜いて」
「はい」

こうして美都と高木は、異世界から美都の部屋へと帰還した。





ハートを押すとHomeに戻れます
ありがとうございました & お疲れ様でした


人気ブログランキングへ    次へ≫
スポンサーサイト

*Comment

今年もよろしくお願いします! 

あけましておめでとうございます(^o^)ノシ
今年もよろしくお願いします―☆
留守中もいろいろありがとうございました(#^.^#)♪

寝室?! と戸惑う美都ちゃんが可愛いですw
高木王子のソフトないじわるぶりに、ニマニマしていました。
歌の力は大きいです♪
歌う人も、聴く人も、なぜか助けられます。
素敵なお話をありがとうございます(#^.^#)

ラストまで頑張ってくださいね!
  • posted by 椿 
  • URL 
  • 2013.01/03 21:02分 
  • [Edit]

Re: 椿さんへ 

こんばんは、訪問&コメントありがとうございます!

> あけましておめでとうございます(^o^)ノシ
> 今年もよろしくお願いします―☆
> 留守中もいろいろありがとうございました(#^.^#)♪

あけましておめでとうございます!
こちらこそ、よろしくお願いします><

> 寝室?! と戸惑う美都ちゃんが可愛いですw
> 高木王子のソフトないじわるぶりに、ニマニマしていました。
ちょうど観ていたドラマに影響されたせいか、
こういう展開がちょっとだけ入ってしまいましたw

> 歌の力は大きいです♪
> 歌う人も、聴く人も、なぜか助けられます。
> 素敵なお話をありがとうございます(#^.^#)
>
> ラストまで頑張ってくださいね!
いや、もう本当に頑張らないと(笑)
ありがとうございます!
拙い作品ですが、最後まで見届けてくださると嬉しいです!
どうぞよろしくお願いします><
  • posted by デジャヴ 
  • URL 
  • 2013.01/05 03:16分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ  

FC2Blog Ranking

ワンクリックで応援お願いします!

最新記事

プロフィール

デジャヴ

Author:デジャヴ


二次創作小説・オリジナルファンタジー小説を書いています。訪問して下さった皆様に少しでも楽しんでいただけると幸いです。

恋愛小説サイト『恋砂糖*ひと匙』も運営中


【補足と注意】

・過度な性描写・暴力シーンはありません。

・原作キャラでの同性愛は一切書きません。

・コメント、感想はありがたく頂戴いたします。誹謗中傷やマナーのないコメントは受け付けません。

・当ブログを利用するにあたり、一切の責任は負いかねます。あらかじめご了承ください。

・小説、イラストともに転載・複写×
著作権は放棄しておりません!

以上の点をご理解いただけますことを心よりお願い申し上げます。まだまだ不慣れですが、温かく見守っていただけると幸いです。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。