FC2ブログ

すっごくRPG!!

二次創作小説・オリジナル小説を掲載しております。

Entries

とある執務室の騒乱

大陸中を巻き込んだ争乱が治まり、早二か月。
帝位についたザギヴを心配したケイトは、度々、彼女の執務室へと訪れた。
ザギヴ自身も、ケイトが来てくれることを心待ちにしていた。

「いらっしゃい、騎士さん」
「よ、今日も邪魔しに来てやったぞ」

執務室のソファでくつろぐザギヴは、多忙な政務のせいか顔が疲れ切っていた。

「あら? あなたは――」

ケイトの後ろに付く連れの青年に目を向けた。

「救世主様とかいう」

嘲笑じみた笑い。
エルファスは涼しい顔をして、ザギヴの挑発を受け流した。

「エルファスだ。よろしく、皇帝さん」
「ふんっ」

ケイトは、あぁと察した。
ザギヴはストレスを溜めに溜めると、誰かに牙をむく。
それが初対面であれ、馴染みの友人であれ、関係ない。
声を荒げることがないだけに、よけいに厄介だった。

「ケイト、どうしてあなた一人で来ないのよ」

怒ってる怒ってる。
長い髪を耳にかけて、不満そうな横顔を見せる。
ケイトは肩をすくめて頬を掻いた。

「ごめん。一人くらい増えても良いかなぁ~とか思ったんだ。嫌なら、次からはちゃんと一人で来るよ」

ザギヴにとって、ケイトのいる執務室は特別な意味をもつ。
唯一の安息の場。
それを知らないケイトではなかったのだが。


最近、やたらエルファスが懐いて離れない。


一人で行動すると言えば「君は、僕が嫌いなの?」と卑怯くさい質問を投げかけてくる。
それが鬱陶しくて、いっそ連れて行こうと決めた結果がこれだった。

ザギヴの怒りはごもっともだった。

「あなたは、私の友達で騎士でしょう。忘れたの」
「ちょっと待ってよ。私のってなんだよ。ケイト」

エルファスがとがめる。
ケイトはうっとのけ反り、「あ゛ー」と言葉を濁した。

「流れで?」
「ちょっとケイト! 私たちの関係って流れで出来たわけ!?」
「いや、その」
「そうみたいだね。ケイトは君の所有物ではないんだ」

エルファスとザギヴがにらみ合う。

「あなた、さっきから何様? 私とケイトの問題よ、首を突っ込まないでちょうだい。
 だいたい、ここはケイトと私だけの空間なの。赤の他人に土足で踏み込まれると気分が悪いわ」
「僕だって本来なら首を突っ込みたくなかったけどね」

ザギヴの容赦ない攻め立てに、エルファスは事も無げに言い返す。

「ケイトが仕事の合間に抜け出しているのは知っているんだ。
 休むこともしないで、君に会いに来ているってことをね。
 会いに行っただけなら僕だってここまで来ないさ。
 こんな、ネメアが居たっていう場所に……ああ、忌々しい。
 でも、ケイトが毎回疲れた顔をして帰ってくるんだから仕方ないじゃないか。
 悪の根源を断たないとね」

「あ、悪ですって!?」

ザギヴは勢いに任せて席を立ち、エルファスと対峙する。
エルファスもエルファスで受けて立つ。
そこにケイトが入る隙もなく、というか入ったら要らぬ火の粉を被るはめになるため。
黙って、立ち尽くしているに限る。
まったくどうしてこうなったんだろう。
ザギヴとエルファスの言い合いを流しつつ、ケイトは小首を傾げる。

「ケイトは私の騎士なんだから、どんな場合においても私を優先するのが当たり前なの!」
「ケイトは僕の家族だ! 家族が苦しんでいるのに放っておけるか!」
「家族!? お笑いものだわ。自分のお姉さんの代わりじゃない。それじゃケイトが可哀想だわ!」
「ケイトは姉さんの代わりじゃない、姉さんは姉さんだ。姉さんを越えられる人なんていない!」
「さらっと乙女心を傷つけてんじゃないわよ! ケイトをなんだと思っているわけ!?」

などなど。
ケイトの心情などそっちのけで口論が続いていく。

執務室の扉がそっと開く。
それに気づいたのはケイトだけだった。
黒髪の玉ねぎ頭がひょこっと部屋を覗いてくる。

「ずいぶん騒がしいが、どうかしたのか」
「知らね」

ベルゼーヴァは「ふむ」と困った顔でうなずいた。

「ところでケイト、今日はこのあと暇か?」
「暇ですけど。なんすか、宰相殿も暇なんすか?」

ベルゼーヴァはケイトにほほ笑んだ。

「久しぶりに休もうと思ってな。どうだ、部屋で紅茶でも」

その言葉にエルファスとザギヴが反応する。

「「ちょっと待った」」

ベルゼーヴァは「うん?」と頭を傾けた。

「ケイトは今日、私のために来てくれたんです。私もお茶します」
「僕だって、このまま黙って帰るなんて嫌だね。ケイトが帰るまで一緒にいる」

ガヤガヤと騒ぎながら、ベルゼーヴァの部屋へ移る四人。

「助かったよ……」
「お前も苦労するのだな、争乱が治まった今でも」
「ほんとにね……」




ありがとうございました&お疲れ様でした

  クリックしてくださると励みになります
ブログトップへ戻る
伝導師さんたちのリンク
スポンサーサイト



*Comment

こんばんわ♪ 

こんばんわ♪

みんなケイト好きなんですね(=´ω`=)
私も輪に加わりたくなっちゃいましたw
ザギヴ姉さんのデレだぁ♪
あ~!そう言えばベルゼーヴァもタマネギでしたねww
エルファス可愛いよエルファス(*´д`*)
どこからコメして良いか分からない位、良い雰囲気に癒されました!
またお邪魔します(`・ω・´)ゝ
  • posted by kaorin114 
  • URL 
  • 2013.01/03 20:43分 
  • [Edit]

Re: kaorin114さんへ 

こんばんわ!!

> みんなケイト好きなんですね(=´ω`=)
> 私も輪に加わりたくなっちゃいましたw
ガヤガヤに巻き込まれるのがケイトなんです(笑)
俗にいう主人公補せry

> ザギヴ姉さんのデレだぁ♪
> あ~!そう言えばベルゼーヴァもタマネギでしたねww
カルラ曰く「ドリル頭」らしいですけど、私的には「タマネギ頭」で通っていますw
ザギヴにツンデレには萌えます、毎回(笑)

> エルファス可愛いよエルファス(*´д`*)
> どこからコメして良いか分からない位、良い雰囲気に癒されました!
> またお邪魔します(`・ω・´)ゝ

毎回嬉しいコメントばかりで、本当に感激です!
ありがとうございました^^
  • posted by デジャヴ 
  • URL 
  • 2013.01/05 03:12分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ  

FC2Blog Ranking

ワンクリックで応援お願いします!

最新記事

プロフィール

デジャヴ

Author:デジャヴ


二次創作小説・オリジナルファンタジー小説を書いています。訪問して下さった皆様に少しでも楽しんでいただけると幸いです。

恋愛小説サイト『恋砂糖*ひと匙』も運営中


【補足と注意】

・過度な性描写・暴力シーンはありません。

・原作キャラでの同性愛は一切書きません。

・コメント、感想はありがたく頂戴いたします。誹謗中傷やマナーのないコメントは受け付けません。

・当ブログを利用するにあたり、一切の責任は負いかねます。あらかじめご了承ください。

・小説、イラストともに転載・複写×
著作権は放棄しておりません!

以上の点をご理解いただけますことを心よりお願い申し上げます。まだまだ不慣れですが、温かく見守っていただけると幸いです。

右サイドメニュー