FC2ブログ

すっごくRPG!!

二次創作小説・オリジナル小説を掲載しております。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第十七回 醒めた夢

レムオンは夜明けに目を覚ました。
いつもなら一人きりの朝を迎えるのだが。

寝返りをうち、隣に眠る女を腕に抱く。

「うん……、ん~」

もぞもぞと身をよじり、ケイトはレムオンへと振り返る。
胸板に額を寄せ、服をぎゅっと握ってくる。
その行動に愛おしさが込み上げる。
昨夜の続きをしたくなる衝動に駆られるが、ぐっとこらえる。

かわりに、耳元にキスを落とす。

「うぅ、や」

無意識なのか、半分起きているのかわからない反応を示す。
服を握る手をとり、手の甲にキスをする。

「ケイト」

もう、ダメかもしれない。
名前を呼びながらキスの雨をふらせて、ケイトを無理やり起こす。
ケイトはくすぐったそうに微笑み、レムオンを腕に抱く。

「バーカ」

いつもの調子の、色気のない一声にレムオンは目をみはった。


            『醒めた夢』


「っ!!」

レムオンは跳ね起きた。
カーテンの隙間から朝日がもれ、小鳥のさえずりが部屋に届く。

夢の内容を思い出し、口をおさえる。

( 俺は、なにを考えて……昨夜の続き!? なんだそれは! )

いつもとは違う、下半身のうずきに気分が滅入る。
あの夢はあまりにもリアルすぎた。
ケイトの体温も、肌のなめらかさも、香りもすべて現実的だった。
そして、ケイトを愛おしいと思った自分の感情さえも。

「クソッ!!」

そっと掛布団をめくって、レムオンはため息をついた。
頭をゆるく振り、ベッドから降りる。

( 頭を冷やすべきだな )

シャツを脱ぎ、出仕用の服に手を掛けたときだった。

「ちゃーっす、レムオン朝だよぉ!」

ノックもなしにケイトが部屋に入ってくる。
だが、笑顔が固まる。
視線がレムオンの体をすべり、ある場所に止まる。

「きゃああああああ!」
「叫びたいのはこっちだ馬鹿者!」

レムオンは背を向けて、服を着る。
ケイトは顔を覆ったまま、キャーキャーと騒ぎ出す。


「レムオンのエッチ、このむっつりスケベ!」
「生理現象だ!」


なぜ自分がこんな弁解をしているのだろう。
ケイトが恥ずかしがれば、恥ずかしがるほど頭が熱くなる。
それもこれも夢のせいだ。
自分たちはまだそんな関係じゃないのに、なぜあんな夢を。

( まだ、ってなんだ……! )

レムオンは誤魔化すように咳払いをした。


「まったく、朝から騒がしい。それで、なんの用なんだ」
「べ、別に。セバスチャンに聞いたのよ。レムオンが朝弱くなってきているって。
 だから起こしに来てあげたんじゃない」
「余計なお世話だ」
「そ、そうみたいね! 朝から、げ、元気だったものね!」
「うるさい!!」


しばらくからかわれそうだ。
起きたばかりだというのに、どうしてこうも疲れているのだろう。
頭が痛くなってくる。

「ケイト様!」

悲鳴を聞きつけたのか、セバスチャンが部屋に入ってくる。

「どうなされました!?」

セバスチャンの心配する声をよそに、ケイトはそっと囁いた。

「レムオン、けっこう元気だったよ」
「だからやめろと言っているだろう」

セバスチャンはすぐに合点し、あきれ果てたため息をもらした。

「ですから、男性の部屋に行ってはいけませんとあれほど」
「だって具体的に言わなかったじゃない」
「察してください」
「察するもなにも、知識がないんだもの」

セバスチャンの小言と言い訳を繰り返すケイト。
内容が内容なため、気恥ずかしくなってくる。

「わかりました。それでは今日からケイト様には学んでいただきましょう」
「え、なに座学?」
「そうです。今後このようなことにならないよう、男女の営みを」
「セバスチャン! 余計なことは教えんでいい!!」

セバスチャンは困ったように眉を下げた。

「ですがレムオン様、これもケイト様のためを思えば」
「そ、そういうことは自然と覚えていくものだ!」
「なに興奮してんのよ」
「誰のせいだ、誰の」
「アタシのせいだっていうの!? これだからむっつりスケベは」
「叩っ斬るぞ!」


今日もリューガ家の騒がしい一日が始まる。





ありがとうございました&お疲れ様でした

  クリックしてくださると励みになります
ブログトップへ戻る
リューガ家の作品リンクへ
スポンサーサイト

*Comment

こんばんわ♪ 

こんばんわ♪

レムオンどうしたんですかww
可愛いぃ~!
出だしは一体どうなる事やらと・・(/ω\)

セバスチャンの対応も面白くて、流石だなと(何がw
この時期お互い何かと忙しいですが、頑張って乗り切っちゃいましょうね☆
  • posted by kaorin114 
  • URL 
  • 2013.01/02 21:47分 
  • [Edit]

Re: kaorin114 さんへ 

こんばんわ!
訪問&コメントありがとうございます!
かなり遊んでしまって、更新してから若干後悔してたり(苦笑)
セバスチャンが冷静すぎるのはもう当たり前になってますw

> この時期お互い何かと忙しいですが、頑張って乗り切っちゃいましょうね☆
訪問やコメントを返すのが遅くなり、すみません><
ありがとうございます!
お互い頑張りましょう♪
  • posted by デジャヴ 
  • URL 
  • 2013.01/02 23:26分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ  

FC2Blog Ranking

ワンクリックで応援お願いします!

最新記事

プロフィール

デジャヴ

Author:デジャヴ


二次創作小説・オリジナルファンタジー小説を書いています。訪問して下さった皆様に少しでも楽しんでいただけると幸いです。

恋愛小説サイト『恋砂糖*ひと匙』も運営中


【補足と注意】

・過度な性描写・暴力シーンはありません。

・原作キャラでの同性愛は一切書きません。

・コメント、感想はありがたく頂戴いたします。誹謗中傷やマナーのないコメントは受け付けません。

・当ブログを利用するにあたり、一切の責任は負いかねます。あらかじめご了承ください。

・小説、イラストともに転載・複写×
著作権は放棄しておりません!

以上の点をご理解いただけますことを心よりお願い申し上げます。まだまだ不慣れですが、温かく見守っていただけると幸いです。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。