FC2ブログ

すっごくRPG!!

二次創作小説・オリジナル小説を掲載しております。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安らぎを求める者 ②

エルファスはゆっくりと、覚悟を決めたように目を開けた。
シャリの微笑みはいっそう深まり、あざ笑うかのようにケイトを見下ろした。

エルファスはケイトへと歩き出した。
思わぬ行動にシャリは小首をかしげた。


「自分の手で終わりにするの? っ!? ――エルファス、なにして」


エルファスはケイトをかばうように立ちはだかる。

「これ以上、ケイトに触れるな」
「へえ。全部許すの? ケイトを助けるってことは、
 イズを、姉さんをさらったネメアも許すことだろう」
「違う! 僕は、ただ……僕はケイトを殺すことなんてできない」
「姉さんのことは助けなかっただろ!」

シャリの鋭い指摘に、エルファスは唇を噛んだ。
思惑通りにことが運ばなかった悔しさか、シャリの顔に苦々しさがにじむ。
だが、ふっと力を抜いて苦笑した。


「あぁ。君はずるいね、エルファス。
 君は姉さんの代わりを求めているんだ。安らぎを、求めているんだ」
「それは」
「君たちは、ずるいね。結局は、死んだ者たちの声には応えてあげないんだ。
 僕はそんな人たちのそばにあるよ。もちろん、死んだ君の姉さんのそばにも、ね」


シャリの周りに黒いもやが現れる。

蒼い稲妻が走り、モンスターが黒いもやに吸い込まれて消えた。
傷だらけのケイトをじっと見つめて、シャリは無表情のまま言った。

「イズの代わりになれるのかな、ケイト。
 あの、絶世の美女イズの代わりに。アハハハハハッ!」

顔をしかめるエルファスと、口の端から血を滴らせ横たわるケイト。


「さようなら、エルファス」


いつまでおままごとが続くのか見ものだ、と呟いたシャリは消えた。
平穏が戻ってきた。
小鳥のさえずりが耳を打ち、エルファスは我にかえった。
ケイトへとひざをつき、そっと抱きかかえる。

すると、ケイトがさっとエルファスの胸倉を掴んだ。



「この、バカ! アンタどこまで優柔不断なのよ!!」



さっきの弱々しさはどこへ行ったのか。
死にかけていたとは思えないほど、ピンピンしている。
ケイトはすっくと立ち上がり、服についた泥を払った。
その様子に、エルファスは唖然とした。

「なっ、僕をだましたのか!?」
「こうでもしないと、アンタ戻ってこれなかったでしょうが!」

ケイトの怒声にエルファスは気圧される。

「僕は、君を助けようと思って。助けたくて決断したのに!」
「そうよ、アタシはアンタに悪いことした。わかってる、だからちゃんと責任取るわよ!」

エルファスに手を差し伸べるケイト。
その手を見た瞬間、ぴりっと電流が走ったようにエルファスの表情が歪む。
手についた傷は、幻じゃなかった。
彼女は身を呈して自分を救おうとしてくれた。

おずおずと手を伸ばし、重ねると。
女とは思えない強い力で引き起こされる。

「責任取って、アンタと生きる」

エルファスは目をみはった。

「仲間になりなさいよ」
「え」
「仲間になれって言ってんの。一度で聞き取りなさいよ」

乱暴な言い草にエルファスの顔が険しくなる。
魔法でケイトの傷を癒しつつ、苦言をもらす。

「シャリの言ったこと、全部間違ってる。
 君なんかが姉さんの代わりになれるはずないね。
 いちいち乱暴だし、言葉遣いだって丁寧じゃない。
 第一、姉さんは僕をだましたりしない」

ケイトはふんと鼻を鳴らして、癒えた手を掲げて見つめた。

「誰がアンタの姉になんかなるか。チャカだけで充分よ。
 アタシの弟みたいに能天気な明るさ持ってないもの。根暗な弟なんていりませんよー」
「む、なんだよその言い方」
「悔しかったら明るく振舞うのね」
「僕だって、もともとは元気な男の子だったんだ」
「そうですか、そうですか」
「信じてないだろ」

ケイトはククッと喉を鳴らした。
当たり前でしょう。
細められた目が、そう言っていた。

エルファスはケイトの頬をつねる。

「この減らず口め」
「だって本当のことだもの」
「君ってほんとうに」

言いかけて、それ以上声はでなかった。
ケイトの指が、自分の指に絡んで離さなかった。

「これからは、明るいアンタを見られたらいいって思ってる。
 自分で安らぎを見つけてちょうだい。アタシは一切手伝わないから」

ケイトは付け加えた。

「みんなそうやって生きているの」

真摯に向けられた目。
エルファスはゆっくりとうなずいた。
ケイトと手を繋ぎ歩き出す。


「腹減ったなぁ」
「君ね、お腹が空いたって言えないの」




END





ありがとうございました&お疲れ様でした


クリックしてくださると励みになります
ハートのラインをクリックするとHomeに戻れます。

伝導師さんたちのリンク
スポンサーサイト

*Comment

素敵です♪ 

こんばんわ♪
わぁー!早速書いて頂いてありがとうございます!

素敵過ぎる!!
エルファスとケイトのやり取りがとても暖かいです。
彼がPT加入する時って選択肢出るだけで、何のアクションも無いから
仲間になった実感が無いんですよね・・(´・ω・`)

デジャブさんのおかげで、あの一連の流れが解決しました!w
リク応えて下さって、本当にありがとうございました!
またお邪魔させて頂きます(`・ω・´)ゝ
  • posted by kaorin114 
  • URL 
  • 2012.12/04 23:39分 
  • [Edit]

Re: kaorin114さんへ 

こんばんは!
リクエスト嬉しかったですヽ(*´∀`*)ノ
こんな感じで大丈夫でしょうか(汗)

エルファスのデレを見るために、わざと戦闘に負けなきゃならないんですよね。
それも何度か(笑)
歴史区分2の段階でレベルが50近くあるケイトが、この程度の戦闘で負けるわけないんですw

エルファスのシスコンぶりはこれからも書いていきたいです。
毎回、イズと比べられてキレるケイト。思い浮かぶなぁw

訪問&コメントありがとうございます^^
またなにかリクエストがあれば教えてください♪
  • posted by デジャヴ 
  • URL 
  • 2012.12/05 00:01分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ  

FC2Blog Ranking

ワンクリックで応援お願いします!

最新記事

プロフィール

デジャヴ

Author:デジャヴ


二次創作小説・オリジナルファンタジー小説を書いています。訪問して下さった皆様に少しでも楽しんでいただけると幸いです。

恋愛小説サイト『恋砂糖*ひと匙』も運営中


【補足と注意】

・過度な性描写・暴力シーンはありません。

・原作キャラでの同性愛は一切書きません。

・コメント、感想はありがたく頂戴いたします。誹謗中傷やマナーのないコメントは受け付けません。

・当ブログを利用するにあたり、一切の責任は負いかねます。あらかじめご了承ください。

・小説、イラストともに転載・複写×
著作権は放棄しておりません!

以上の点をご理解いただけますことを心よりお願い申し上げます。まだまだ不慣れですが、温かく見守っていただけると幸いです。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。