FC2ブログ

すっごくRPG!!

二次創作小説・オリジナル小説を掲載しております。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第十四回 夜会

リューガ家主催の舞踏会が開催された。
エリス王妃に対抗する貴族勢力の結束を強めるため、レムオンは彼らのご機嫌取りにいそしむ。
今回はエストも参加し、レムオンに協力していた。
セバスチャンは休憩知らずで、忙しくしていた。

ドレス着用を義務付けられたアタシは、手持ち無沙汰な気分で貴族の社交場を眺めていた。

アタシの黒目は、右へ左へと動く。

綺麗な曲を奏でる楽団。
紳士淑女が踊る広場。
会場の隅で、語り合う若い男女。

アタシは子供だから、だれからも相手にされない。

アタシはため息をひとつ落として、窓へと振り返った。

窓から射す、夕方の朱色の光。
もうすぐ夜がやってくる。

大人たちの夜がやってくるんだ。

ふいに、窓ガラスが震えた。
大きな手が窓ガラスをコツコツと叩いた。
見慣れた背中がわずかに見える。

少しだけ窓を開け、「今行く」と囁いた。
ホールを抜け出そうとすると、目ざといレムオンに見つかる。

「どこへ行く。お前の仕事は終わっていないぞ」
「仕事って?」

捕らえられた腕。
容赦なく力を込められて、アタシは顔をしかめた。

「俺の妹としての仕事だ」
「笑顔を振りまけってこと?」
「お前はノーブル伯だ。貴族としての地位は、そこらの貴族令嬢よりも遥かに高い。
 それ相応の立ち振る舞いをしてもらわなければならない」

レムオンがアタシに望んでいることは、ちゃんと分かっている。
だけど。
でも。
アタシは貴族の世界に浸りたくはない。

「すぐに戻ってくるから」
「なんの用で出て行くのか答えろ。それによっては譲歩する」
「……ゼネテスが呼んでるから」

アタシの肩が震えた。
レムオンの表情がすぅっと冷たくなっていく。
誰かに言葉を残すこともなくアタシの腕を引いてホールを出て行く。
玄関へと続く廊下を早足で抜けて、扉を開けた。

そこにはゼネテスが待っていた。

「よう、悪いな。忙しいときに」
「ケイトになんの用だ」
「男が女に用があるといえば、それしかないだろ」

わざわざレムオンをあおるようなことを言うゼネテス。
間に受けたのか知らないが、レムオンがアタシの肩を抱く。
後ろ手で扉を閉め――――アタシの顎に触れる。

目を瞠った頃にはもう遅かった。
塞がれた唇。
ゼネテスの前で容赦なく熱い口付けをされる。

「おいおい、妹に手ぇ出すなよ」

ジュクッと音を立てて唇は離れ、アタシの身体は片腕で突き放された。

「一時間だけ休憩をやる。それ以上は許さん」

言いたいことだけ言ってレムオンは屋敷に戻っていった。
ドキドキと跳ねる心臓を抱えて立ち尽くすアタシに、ゼネテスが気遣う。

「大丈夫か?」
「……アンタがあおるようなことを言うからでしょう! 適当なこと言いやがって」

ばつ悪そうに笑って、しかし、ゼネテスはアタシの手を取った。

「まんざらでもない」
「人で遊ぶのはやめてちょうだい」

手を振り払ったけれど、後ろから抱きしめられる。

「ここ人ん家だから。ちょっとは恥を知ろうよ」
「ドレス似合ってる」
「そりゃどーも。冗談が冗談で済むうちに止めておきなさいって」

ゼネテスは喉を鳴らして笑い、アタシを解放した。

「移動しようぜ。ロストールの内政について、お前の耳に入れておかなきゃならねーことあるんだ」



宿屋の一室。
ゼネテスはベッドに座り、アタシに隣を勧めた。

「ここならゆっくり話せるな」
「そんなにやばい話なの?」
「ああ、やばいな。聞かれたら、俺もお前もここに居られないだろうな」
「そこまで!?」

真剣な表情だったゼネテスが、急に吹き出した。
楽しそうに笑って、アタシの頬をつねった。

「冗談だ。リューガ家でパーティーがあるって聞いてな。
 お前こういうの嫌いだろ。だから抜け出す口実を作ってやったんだよ」
「はあ? 余計なお世話だ! そのせいでレムオンに……」
「悪かったよ。あんなことになるとは思わなかったんだ」

謝る気のない言い草に、アタシはあきれ返った。

「だいたい、なんで宿屋なのよ」
「寝て時間潰したほうが良いだろ?」
「アンタじゃないんだから……」

時に人の配慮があだになる。
アタシはそれを今日、身をもって知った。









ありがとうございました&お疲れ様でした

  クリックしてくださると励みになります
ブログトップへ戻る
リューガ家の作品リンクへ
スポンサーサイト

*Comment

こんばんわ♪ 

こんばんわ♪

うわわわw
キスシーンでドキドキしちゃいました(ノ´∀`*)
レムオンカッコいいですねw絶対シムズに出してやる笑

伝道師編の新作を公開されていて、早速飛びつきたいのですが
こちらのロストール編を拝見した後のお楽しみにします(`・ω・´)ゝ

いつもありがとうございます!
  • posted by kaorin114 
  • URL 
  • 2012.12/28 20:56分 
  • [Edit]

Re: kaorin114 さんへ 

こんばんわ♪
訪問&コメントありがとうございます!!
レムオンの嫉妬編です!
ゼネテスを目の前にすると理性とか吹っ飛んじゃうんです!

> レムオンカッコいいですねw絶対シムズに出してやる笑
うは~めっちゃ楽しみです!!!! 期待してます><b

> 伝道師編の新作を公開されていて、早速飛びつきたいのですが
> こちらのロストール編を拝見した後のお楽しみにします(`・ω・´)ゝ
ありがとうございます^^
ロストール編もなんか浮かんだら良いんですが…w
レムオンいじりたいですなぁ(笑)
お正月ネタでそれぞれ新作書こうかと考え中です♪
  • posted by デジャヴ 
  • URL 
  • 2012.12/28 21:49分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ  

FC2Blog Ranking

ワンクリックで応援お願いします!

最新記事

プロフィール

デジャヴ

Author:デジャヴ


二次創作小説・オリジナルファンタジー小説を書いています。訪問して下さった皆様に少しでも楽しんでいただけると幸いです。

恋愛小説サイト『恋砂糖*ひと匙』も運営中


【補足と注意】

・過度な性描写・暴力シーンはありません。

・原作キャラでの同性愛は一切書きません。

・コメント、感想はありがたく頂戴いたします。誹謗中傷やマナーのないコメントは受け付けません。

・当ブログを利用するにあたり、一切の責任は負いかねます。あらかじめご了承ください。

・小説、イラストともに転載・複写×
著作権は放棄しておりません!

以上の点をご理解いただけますことを心よりお願い申し上げます。まだまだ不慣れですが、温かく見守っていただけると幸いです。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。