FC2ブログ

すっごくRPG!!

二次創作小説・オリジナル小説を掲載しております。

Category [リューガ家わっしょい! ] 記事一覧

リューガ家わっしょい!作品リンク

同盟「リューガ家の食卓」より、お題を作ってくださっていたのでチャレンジネタが浮かばないから利用したとか、そんなことないよ同盟様に感謝しますこれでしばらくはネタを考えずに済む…安泰、安泰          【作品リンク】随時掲載・更新します    〔ブログトップへ戻る〕第一回 家族第二回 if(もしも…)第三回 再会第四回 葛藤第五回 贈り物 第六回 兄妹喧嘩第七回 風邪第八回 新月第九回 終わりのは...

第二十回 不器用な彼女

大好きな家族、大好きな友、大好きな故郷、大好きな――……。どれもこれもが手放せないけれど、いつか別れる時がくる。もし、その日が来るとしたら……アタシはいったいどれを取るのだろう。竜王、いや、世界と決着をつける日はそう遠い話ではない。アタシはどんな最期をむかえるんだろう、と色々と想像してしまう。誰が敵になるか分からない。「はあ……」宿の二階、バルコニーから見上げる星は、いつも変わらない。この変らない星空を、...

第十九回 好敵手

ロストールのクーデターが失敗に終わり、傷心のレムオンを仲間に加え新たな旅に出たケイト。「まさか、ゼネテスまで仲間になってくれるとは思わなかったわ」宿屋の一室。ケイトが嬉しそうに笑って、ゼネテスの看病をする。ゼネテスは壁にもたれるレムオンを見やった。「このバカの面倒を見なきゃな」「気持ち悪い言い方をするな」顔をしかめるレムオン。男所帯に女が一人だけ、という状態を気に入らない人物が一人。「姉ちゃん、マ...

第十八回 嘘

ケイトは白いドレスを選び、じっと眺めた。金糸で刺繍された上品なドレス。自分には似合わないだろうか。「ケイトお嬢さま、はやくお決めにならないと舞踏会が」ばたつく部屋。王宮の舞踏会に参加するケイトのために、部屋は化粧品とアクセサリーなどの小物で溢れている。ケイト付きのメイドが急かす。この会話も、もう何度目だろうか。「これだと、変かな」「よろしいかと思います」「うわ~すげーおざなり」気心がの知れた仲だけ...

第十七回 醒めた夢

レムオンは夜明けに目を覚ました。いつもなら一人きりの朝を迎えるのだが。寝返りをうち、隣に眠る女を腕に抱く。「うん……、ん~」もぞもぞと身をよじり、ケイトはレムオンへと振り返る。胸板に額を寄せ、服をぎゅっと握ってくる。その行動に愛おしさが込み上げる。昨夜の続きをしたくなる衝動に駆られるが、ぐっとこらえる。かわりに、耳元にキスを落とす。「うぅ、や」無意識なのか、半分起きているのかわからない反応を示す。服...

左サイドMenu

カウンター

ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ  

FC2Blog Ranking

ワンクリックで応援お願いします!

最新記事

プロフィール

デジャヴ

Author:デジャヴ


二次創作小説・オリジナルファンタジー小説を書いています。訪問して下さった皆様に少しでも楽しんでいただけると幸いです。

恋愛小説サイト『恋砂糖*ひと匙』も運営中


【補足と注意】

・過度な性描写・暴力シーンはありません。

・原作キャラでの同性愛は一切書きません。

・コメント、感想はありがたく頂戴いたします。誹謗中傷やマナーのないコメントは受け付けません。

・当ブログを利用するにあたり、一切の責任は負いかねます。あらかじめご了承ください。

・小説、イラストともに転載・複写×
著作権は放棄しておりません!

以上の点をご理解いただけますことを心よりお願い申し上げます。まだまだ不慣れですが、温かく見守っていただけると幸いです。

右サイドメニュー